2021年11月号致知特集「努力にまさる天才なし」

2021年11月号致知特集「努力にまさる天才なし」

2021年10月6日 0 投稿者: nishii

自己努力と相手を慮ること双方を満足する士業を育成する仕組みを作り後世に残すことを目指す中小企業診断士西井克己です。

 

雑誌「致知」2021年11月号が届きました。特集「努力にまさる天才なし」を読みましたので感想を記載します。

 

今回の特集で、最も心に響いた特集は、WBA世界ミドル級スーパー王者村田諒太さんとAthReebo社長金沢景敏さんの対談「世界の頂点に立つ条件」の金沢景敏さんの言葉からです。

 

致知の引用開始

もう一つは、「あともうひと頑張り」っていうのもすごく大事だと思います。コツコツ努力する人を神様はちゃんと見ている。 おそらく結果を出している営業マンって皆経験していると思うんですけど、きょうはこの辺でアポ取りをやめようと思った時、あと一件取ろうと切り替えてやると、そこから何かが起きるんです。ドタキャンで時間が空いた。そこで適当に時間を潰すのではなく、誰かに連絡しようって電話したころから、何かが動き出すんです。そうやってもうひと頑張りを積み重ねてきた分だけ、奇跡的なことが起こる。結果って、「出す」ものじゃなくて、「出る」ものだなと言う感覚はすごくあります。

引用終了

 

感想

水は低きに流れ、人は易きに流れる。それを無意識で(反射的に)「ヘラクレスの選択」をしている。

それを積み重ねた時に結果が「出る」。

私はいろいろな分野のいろいろな方のお話を聴く機会に恵まれています。

分野は違えど世代も違えど、このヘラクレスの選択の積み重ねは結果が出るための必要条件であることを感じています。

当然に十分条件ではないので、積み重ねたからと言って必ず結果が出るわけではない。

それでもそれを答えと信じて継続していく。そんなことが大事なのではないかと感じました。

次世代のリーダーを育成するために、月1-2回就業前の1時間を教育に使ってみませんか?

弊社は、教育訓練とセットで必ず助成金を提案しています。

そして入金された助成金は、その教育訓練の修了者のための教育基金とすることも提案しています。

迅技術経営の教育訓練実績はこちらへ

迅技術経営の管理職研修はこちらへ