QC検定2級に合格しました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは。迅社会保険労務士事務所の小松巧です。

10月7日に先月受験したQC検定2級試験の結果発表があり、見事合格することができました。

早速、合格証を注文してきました。

製造業に強い社労士として、試験勉強を通じて得た知識をどんどん活用したいと思っています。

今のところ具体的にどのようなものを提案できるかわかりませんが、データ分析や品質管理の教育訓練等ができるのではないかと考えています。

清掃は点検なり

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは、石川県で中小企業経営のお手伝いをさせていただいている迅社会保険労務士事務所です。

今回は、改善ネタを紹介したいと思います。

5Sの一つ清掃の目的には「清掃は点検なり」というものがあります。

当社の事務所では清掃当番表により定期的に清掃を行う仕組みがあります。

このほど下駄箱を掃除した際に棚の角の部分が削れているのを発見しました。よく見ると表面の塗装だけでなく板材までえぐれている状態でした。清掃当番表には「下駄箱の水拭き」という項目があるのですが、日々の掃除した際にもう少し早く気が付いて対処できていれば、表面の塗装剥がれだけで済んだかもしれません。

前.png 前2.png

そこで、DIYショップに売っているフローリング補修テープで塗装が剥がれている個所を補修しました。

適当な幅に切った後、削れている部分を覆うようにテープを張ります。

テープ類を張るときは、エタノール等で表面の脂分を事前に除去しておくこと、また空気が入らないように張ることがポイントです。

テープ.png てーぷ1.png

とりあえずの応急処置ですが、長く使えるようになったのではないかと思います。

あと.png

そして、清掃当番表には「設備の傷み、破損はないか」という項目を加えたいと思います。そのことで掃除のする毎に設備の傷みを意識するようになれれば、早めの対処ができること、さらには「清掃は点検なり」の意識を高められることが期待できます。

第48回社労士試験の監督を行ってきました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは。迅社会保険労務士事務所の小松巧です。

8月28日に第48回社会保険労務士試験が金沢工業大学で行われました。今回私は初めて試験監督官を務めて参りました。

金沢工業大学では1020人ほどが試験を受けたようです。

試験時間は選択式が1時間20分、択一式が3時間30分です。3年前に試験を受けた際はあっという間に時間が過ぎてしまったように感じましたが、監督する立場だととてつもなく長く感じました。

試験を受けていたときは、これだけ長い時間集中していたのだなと試験を受けた時の大変さを思い出しました。

試験部屋の中も独特の緊張感が漂っていました。

今年の試験問題はすでに公開されております。選択式も択一式も昨年のような変則的な感じの問題は無いのかなと思いました。

合格率の発表が楽しみです。

石川県平成28年10月からの最低賃金目安は757円

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは。迅社会保険労務士事務所の小松巧です。

このほど、中央最低賃金審議会において、平成28年10月からの地域別最低賃金引き上げ額の目安が発表されました。

それによると、石川県は22円の引き上げで、平成28年10月からは最低賃金が757円(現状735円)とることが予想されます。

引き上げ額のランクはCとなり、全国的にみると引き上げ額は低めの分類に当たります。

昨年は新幹線効果で大幅に最低賃金を引き上げたことと、今年は新幹線効果が低くなってきたことが影響していると思います。

全国平均での引き上げ額は24円となり、今回の目安どおりに決定されれば、最低賃金が時給で決まるようになった平成14年以降で最大の引き上げ額となるようです。

詳しくは厚生労働省の報道発表資料をご覧ください。↓

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000131557.html

3支部合同セミナーに参加してきました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは。迅社会保険労務士事務所の小松巧です。

石川県内の社労士3支部合同セミナーに参加してきました。

今回のテーマは、「社労士が知っておくべき法律知識」ということで、弁護士の方から法律との付き合い方、怖さを中心にお話を伺いました。

無題4.png

法律的には正しくても、訴訟されたときのリスクは裁判の勝敗以上に大きくなることを意識しておかなければならないこと、

「行政指導」と「行政処分」への対処の仕方等を、実際の案件(多少の変更有)を例に話していただき、とてもリアリティーのある内容でした。

弁護士であっても「法律の怖さ」はわすれがちになってしまうとのことです。

今後の法律への向き合い方を見直す大変良い機会となりました。

内灘海岸クリーンアップキャンペーンに参加してきました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは、迅社会保険労務士事務所の小松巧です。

先週の日曜日に石川県でボランティア活動をしている「Grande」さん主催の内灘海岸クリーンアップキャンペーンに参加してきました。

1カ月前から金沢情報や、ラジオで告知してきた甲斐があり、100人を超える参加者があったそうです。

この日は日差しも強く、2時間のゴミ拾いでしたが結構な量のゴミが集まりました。

長野県生まれの私としては、波打ち際の近くまで車が普通に入っている光景に驚きました。

ゴミ拾いを通じて、「Grande」さんの会員の方とこの組織を作った目的や理念などを聞くことができました。

ボランティアをしたいという人たちとの絆づくりがしたいという理念を聞くことができ、心動かされるものがありました。7月24日1.png

7月24日2.png7月24日3.png

7月10日は参議院選挙です

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 こんにちは。迅社会保険労務士事務所の小松巧です。

7月10日は参議院選挙の投票日です。

先週あるセミナーに参加した際、原発事故の影響で住む場所を変えざるをえなくなった方とお話しする機会を頂きました。

その方は、人命よりも経済が優先されるような国になってしまったのは、自分を含め一般庶民が政治や世の中の動きに対して無関心であったためである。

そのせいで自分は今苦労しており、以前から政治に対して興味をもって声を上げるべきであったと後悔しているようでした。そして、現在憲法改正の問題をより広く一般庶民に理解してもらう活動をしているとのことです。

その方の話を聞いたとき、憲法問題に真剣に取り組んでいる方が身近にいること、と同時に今まで自分がいかに選挙の候補者をいいかげんに選んできたのかということを思い知らされました。

そして、選挙に対する考え方を改めることができました。

今回の選挙は憲法改正に絡むものです。7月10日は投票率が今までよりも上がっていることを望みます。

内灘海岸の清掃活動に参加してきました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは。迅社会保険労務士事務所の小松巧です。

6月26日(日)に地元の市民グループ主催の内灘海岸清掃ボランティアに参加してきました。

朝方まで雨が降っていましたが、10:00ぐらいには晴れやかな天気となりました。

集まったゴミの量はいつもよりも少ないとのことですが、短時間の間にたくさんのゴミを集めることができました。

無題1.png

海岸を颯爽と走る乗馬隊にも遭遇することができました

無題.png

トモニンの取得を目指してみませんか

  • 投稿日:
  • by

こんにちは。迅社会保険労務士事務所の小松巧です。

本日は「トモニン」の認定制度を紹介します。

これは、従業員の仕事と介護の両立を支援してい企業として認定を受けた際に「トモニン」というシンボルマークを使用することができるというものです。

認定を受けた企業は、自社の採用HPや商品、名刺等にこのシンボルマークを付けることで、仕事と介護の両立を支援していますというアピールをすることができます。

そのマークはこちら↓無題.png

同じような制度に「くるみん」というものがありますが、こちらは実際に男女両方が育児休業をすること等のハードルがあります。それに対して「トモニン」は職場で規定されている介護休暇等の制度や介護保険の制度を従業員に周知することで要件を満たすので、比較的簡単に認定を受けることができます。

昨日、迅社会保険労務士事務所と協力関係にある迅技術経営も認定を受けることができました。

介護離職への関心が高まる中、この制度を活用して自社のイメージアップを図ってはいかがでしょうか。

詳しくはこちらを参照してください↓

http://www.ryouritsu.jp/

キャリア形成促進助成金の制度導入助成

  • 投稿日:
  • by

こんにちは。迅社会保険労務士事務所の小松巧です。

今回はキャリア形成促進助成金の制度導入助成を紹介します。

平成28年4月からキャリア形成促進助成金の制度が大きく見直され、様々なコースが増加しました。

その中の一つに「教育訓練休暇制度助成」というものがあります。

これは、従業員が自主的に教育訓練を受けることを希望した場合に、そのための休暇を与えるというルールを設け、実際に教育訓練の休暇を取させた際に助成金が支給されます。

「ルール」は就業規則又は労使協定によって文書化することが必要です。

助成金の額は1企業1回かぎりで60万円です。

休暇の要件は有給の場合が1年間に5日以上。無給の場合は10日以上とれるルールであれば良いです。ルールであれば良いのでこの日数の休暇を与えないと助成金がもらえないというわけではありません。

1年間に5日(又は10日)のルールのもと1日でも教育訓練休暇を取得すれば助成金は支給されます。

自主的な教育訓練を許可しているが、文書化したルールがないという事業所では何の障壁もなく受給できるのではないでしょうか。

詳しくはこちらをご覧ください↓

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/d01-1.html