QCの統計分析に役立つ書籍の紹介

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは。迅社会保険労務士事務所の小松です。

製造業に強いことを売りに、昨年QC検定2級を取得しました。その後はQC検定で得た知識を活かして、お客様から頂いた品質データを統計分析を使って見える化し、情報提供させていただく機会も頂きました。

QC検定を取る際も、データを作成する際も「正規分布」「分散」「偏差」「σ」という統計用語の理解は不可欠です。しかし、QC検定合格を目的に書かれた書籍には、これらの説明は書いてあるものの、確率統計の学習を学生時代にしておらず(しているかもしれないが忘れている)言葉自体意味が分からない、「σ」って何て読む?から始める私にとってこれらの用語の理解は全くできませんでした。

検定試験の勉強にストレスを感じている時に見つけたのが、今回紹介する「漫画で分かる統計学」です。正規分布、分散、偏差をはじめ、統計学で使う言葉を非常にわかりやすく解説しています。また説明も専門書のように堅苦しくないものなので非常に読みやすく何回読んでも苦になりません。

無題.png

確率統計について「平均」ぐらいしか分からなかった私でもQC検定に必要な統計用語のイメージがつかめ、その後の検定試験の勉強がとてもスムーズになりました。やはり、言葉を覚えることではなく、言葉の意味をイメージできるということは大事です。これからQC検定受ける方や職場で少し上の品質管理を目指す方に是非お勧めします。