女性活躍推進法による認定マークが決定しました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは。迅社会保険労務士事務所の小松です。

今年4月1日から施行される女性活躍推進法では、女性活躍の取組に積極的に取組んでいる事業者を厚生労働大臣が認定する制度があります。

今回その認定マークが決まりましたのでご紹介したいと思います。

企業は認定マークを商品や自社企業の名刺に付けることができ、女性の活用に積極的に取り組んでいることをアピールすることが出来ます。

それにより、優秀な人材の確保や企業イメージの向上等のメリットが得られることが期待できます。

その認定マークは以下のものです。

女性2.png

女性活躍への取り組み具合に応じて左から1段目、2段目、3段目と3つのグレードがあります。

認定マークを取得するためには、女性活躍のための一般事業主行動計画を策定し、公表した上で

①採用(男女別の競争倍率) ②継続就業(女性の勤続年数と男性の勤続年数の割合) ③労働時間(従業員全体の残業時間が1月当たり45時間未満) ④女性の管理職比率 ⑤女性のキャリア形成(非正社員から正社員に転換、過去の非正規社員を正社員として再雇用等)の5つの基準を満たしたうえで、その実績を毎年厚生労働省のウェブサイトに公表することが必要です。基準を満たした数によって、上に示したマークのグレードが上がります。

女性の活躍を推進し、企業イメージの向上や、優秀な女性人材の確保を目指す事業所は、マーク取得にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらのパンプレットを参考にしてみてください。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/nintei_1.pdf