過重労働防止キャンペーン

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは。迅社会保険労務士事務所の小松巧です。

厚生労働省は、昨年に引き続き11月1日から同月30日まで、「過重労働防止キャンペーン」を行います。

キャンペーン期間中の取組内容は、過重労働防止の啓発活動や、無料の電話相談等ですが、最も中心的なものは、重点監督の実施です。

労働者が、ハローワークや労働基準監督署に行った相談等により、違法な長時間労働や、若者の使い捨てが疑われる企業を対象に労働基準監督署の監督が行われます。

監督では、①36協定に乗っ取った時間外労働、休日労働が行われているか、②サービス残業がないか、を重点的に確認し、是正指導を行います。さらに、重大・悪質な違反があった場合は、書類送検及び企業名の公表を行います。

昨年の調査では、監督を実施した企業のうち実に83%で法令違反があったようです。

監督対象となる企業の選定は、労働局及び労働基準監督署が行います。昨年是正指導を受けた企業で、改善がなされていない場合は、書類送検や企業名を公表される可能性がありますので注意が必要です。

0000095810.pdf