無期転換ルールの特例

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは。迅社会保険労務士事務所の小松巧です。

本日は平成25年4月1日から施行された労働契約法の「無期転換ルール」を紹介したいと思います。

 「無期転換ルール」というのは、有期労働契約を更新し続けて、通算契約期間が5年を超えた場合、その労働者に無期限の労働契約を締結する権利が発生するというものです。法律が施行したのが平成25年4月1日なので、それ以降の労働契約期間が通算5年を超えた場合、その労働者が申し込んだ段階で無期限の労働契約を締結しなければなりません。

 具体的には、平成25年4月1日に3年の労働契約を締結し、その後もう一度3年の期間で労働契約を更新したとします。この場合、平成28年4月1日以後、更新した労働契約が切れる前に、その労働者が無期限の労働契約を申し込んだら、その時点で無期限の労働契約を締結しなければなりません。

この法律があるため、平成28年4月前に雇い止めされる労働者が多数発生するのではないかという問題が持ち上がっています。

企業としても、無期限の労働契約を断れない状況になるというリスクに今のうちに備えなければなりません。

また、平成27年4月1日に定年後に継続雇用している高齢者の特例等、新たな法令が施行されています。

詳しくはこちらのリーフレットを参考にしてくださいh240829-01.pdf