労働安全衛生法 木馬の規制

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは。迅社会保険労務士事務所の小松です。

本日は労働安全衛生法施行規則について紹介します。

最近労働安全衛生法施行規則を読み込む機会がありました。

労働安全衛生法施行規則には、健康診断、各種加工機械の取扱(金属、木材、食材)や一般事務所内の照明、備えておくべき救急用具等安全衛生のより細かな内容が規定されています。

その中に木馬に関する規制もあります。(労働安全衛生規則第485条~490条)木馬とは、伐採した材木を運搬する際に使用する木製のソリのことで、昭和30年ぐらいまで使用されていました。(初めこの条文を見た時には、何のことだかわかりませんでした。)

無題.jpg


当時は、写真のように木馬の上に伐採した木材を載せて、人力で木材を集積所まで運んでいました。

ブレーキなどは無く、ワイヤーで制動するようですが、かなり危険な作業であったといいます。

現在では、索道やトラックによる木材運送が主となり人力による運搬はほとんど行われていません。

しかし、労働安全衛生法施行規則では、人力による木材運搬を想定した法律がまだ規定されています。

労働に関する法律は法改正が頻繁に行われていますが、改定されずに長年残っているものもあるということを実感しました。