職場意識改善助成金の上限額が上がりました。

こんにちは。迅社会保険労務士事務所の小松巧です。

今回は職場意識改善助成金の職場環境改善コースを紹介します。

平成27年度から、この助成金の上限が80万円から100万円に引き上げられました。

主な支給要件は

①労働時間の削減や、労働効率向上のための対策を行う    

②年次有給休暇と時間外労働について、定められた目標を達成する

です。

支給額は①に要した費用の2/3か100万円のどちらか低い額です。

①の費用として認められているのは、労働時間削減のための専門家への相談料、労働時間の把握のための機器の購入費のほか、労働効率向上のための機器(POSレジや、自動車整備に使用するリフト、自動食器洗い機等)も対象となります。

労働効率を向上させるための機器に最大100万円の補助が受けられる点は魅力的だと思います。

②については、年次有給休暇の取得率を前年比4日増やすこと、及び1月当たりの時間外労働時間を前年同期比平均で、5時間減らすことです。

その他の注意点は、計画申請の期限が10月15日までということで、早めの計画申請が必要なことです。

詳しくはこちらをご覧くださいshokubakankyokaizen2015-1_2.pdf