レーザー測定機で工場レイアウト作成

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは。迅社会保険労務士事務所の小松です。

以前紹介したレーザー測定機とCADソフトを活用して工場レイアウト図を作成しています。

レーザー測定機である程度正確な距離のデータが測れること、CADソフトの活用で建設図面まではいかなくとも、ある程度正確な工場レイアウトが見える化することができます。さらに機械設備の写真も載せれるのでよりリアルなレイアウトができることが期待されます。

使っているCADソフトはARCADというフリーのCADソフトです。まだまだ勉強中ですが、効率的に使えるようになりたいですね。

無題.png

「勤務間インターバル」導入してみてはいかがでしょうか

  • 投稿日:
  • by

こんにちは。迅社会保険労務士事務所の小松巧です。

「勤務間インターバル」をご存知でしょうか。その日の退社から次の出社までの休息時間を会社のルールとして確保する。というものです。たとえば、急な機械のトラブルやクレーム対策などで、夜中の0時まで働いた従業員は、通常朝8時に出社しなければならないところ、昼からの出社を認めることがあります。遅く出勤してもその日は通常通り残業が無ければ定時で帰宅します。

働き方改革で勤務間インターバルは企業の「努力義務」とされていますし、昨年は助成金の制度もありました。助成金に関しては、平成31年の厚生労働省概算要求で、勤務間インターバルの導入に対して助成する旨記載がありましたので、恐らく今年も昨年と同様の助成金制度が募集されると思われます。

無題.png

昨年の助成金は、勤務間インターバルを導入したうえで、労働効率の上がる設備投資を行ったときにその設備投資の費用の3/4から4/5、上限50万円が支給されるというものでした。

最近支援させている企業様では、勤務間インターバルをルールとして定めていなくても、現場の裁量で行っており、経営者としても容認していることをしばしば見かけます。一例として長距離出張で帰りが遅くなってしまったとき、次の日に昼から出勤しても欠勤や有休消化などにせず、通常勤務として扱っているというものがありました。しかしルールとしては曖昧なところが多いです。

一昔前までは、「遅刻」が当たり前でしたが、働き方の変化で新しい価値観が出てきたように思います。実際に運用するとなると従業員全てが平等に制度を使えるように一定のルールが必要となってきます。

この機会に「勤務間インターバル」のルールを整えてみてはいかがでしょうか。

「勤務間インターバル」導入してみてはいかがでしょうか

こんにちは。迅社会保険労務士事務所の小松巧です。

「勤務間インターバル」をご存知でしょうか。その日の退社から次の出社までの休息時間を会社のルールとして確保する。というものです。たとえば、急な機械のトラブルやクレーム対策などで、夜中の0時まで働いた従業員は、通常朝8時に出社しなければならないところ、昼からの出社を認めることがあります。遅く出勤してもその日は通常通り残業が無ければ定時で帰宅します。

働き方改革で勤務間インターバルは企業の「努力義務」とされていますし、昨年は助成金の制度もありました。助成金に関しては、平成31年の厚生労働省概算要求で、勤務間インターバルの導入に対して助成する旨記載がありましたので、恐らく今年も昨年と同様の助成金制度が募集されると思われます。

無題.png

昨年の助成金は、勤務間インターバルを導入したうえで、労働効率の上がる設備投資を行ったときにその設備投資の費用の3/4から4/5、上限50万円が支給されるというものでした。

最近支援させている企業様では、勤務間インターバルをルールとして定めていなくても、現場の裁量で行っており、経営者としても容認していることをしばしば見かけます。一例として長距離出張で帰りが遅くなってしまったとき、次の日に昼から出勤しても欠勤や有休消化などにせず、通常勤務として扱っているというものがありました。しかしルールとしては曖昧なところが多いです。

一昔前までは、「遅刻」が当たり前でしたが、働き方の変化で新しい価値観が出てきたように思います。実際に運用するとなると従業員全てが平等に制度を使えるように一定のルールが必要となってきます。

この機会に「勤務間インターバル」のルールを整えてみてはいかがでしょうか。

レーザー距離測定器導入しました。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは。迅社会保険労務士事務所の小松です。

先日工場の生産性向上のためのセミナーに参加し、工場診断の手法を学びました。

その中で、工場の設備や通路のレイアウト(工場レイアウト)を作図し、それを基に人の動きや資材の動きに無駄が無いか分析するという手法がありました。無駄な歩行や資材の動きが良く理解出来るので導入したいと考えていまいたが、工場の図面や機械の配置図を備えている中小製造業はあまりなく、こちらが支援するときに作成する必要が出てきます。

無料のCADソフトを使えば、可能ですが、機械の寸法や通路の幅を測定するのに手間と時間がかかるという問題があります。

そこで、この度レーザー距離測定器を導入しました。真ん中の赤いボタンを押すだけで、今自分のいるところ(正確には機械の後ろ端)からレーザーが当たったところの距離までが一瞬で測れる優れものです↓

11.png これがあれば、手間のかかる機械設備寸法や通路の幅の測定が簡単になり、工場のレイアウト図が簡単に作れるようになります。あとは、無料のCADソフトをダウンロードして使い方を覚えるだけ・・少し大変そうですが頑張ります!

あけましておめでとうございます

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

あけましておめでとうございます。迅社会保険労務士事務所の小松です。

年末年始で地元の長野に戻り、旧友と久しぶりに楽しく過ごすことができました。

私も含め相変わらずの者もいれば、子供が小学校にあがったり、居住地の県の公式PR動画に出演していたり、30代半ばで転職していたりと変化も大きい者もおりました。私も少しでも前に進めるように頑張っていきたいと思います。

本年は働き方改革関連法が施行される年で、年末にも有給休暇取得義務について何件かご相談を頂きました。有給休暇取得義務は働く側からすれば分かりやすい内容なので、従業員から質問を受けているところもあるようです。使用者と共に労働する立場にいる者も、今まで当たり前だった働き方を転換する年になるのではないかと思います。

本年もよろしくお願いします。

有給取得義務化にむけて

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは。迅社会保険労務士事務所の小松巧です。

 来年4月1日より、有給休暇5日取得義務化がスタートします。今まで従業員側から申し出ることで有給を使用しておりましたが、これからはこれに加えて、会社側からあらかじめ指定して有給を使用させなければならなくなります。

 従業員本人からの申出を含めて年間5日をクリアすればよいので、有給をそれなりに毎年使用している従業員がいるようであれば、その方には今回の法改正による処置は必要ありません。また、すでに計画有休制度を取り入れており、その日数が5日に達している場合も同様です。

 有給休暇はまるまる1日でなくても、半日単位や時間単位での取得が認められています。また、計画有休であっても、個人単位や課単位など全社員一斉に有給を取得させることを求めていません。従業員が柔軟に有給を使用できるように仕組みを整えることで、有給使用を促進してみてはいかがでしょうか。

 また、会社側があらかじめ有給使用日を指定する場合でも、年間カレンダーなどを作成することは必要なく、「明日有給にするよ」というのも認められています。あくまでも従業員との合意が必要ですが業務の繁忙が前もって予測できないとき、急に明日の仕事が少なくなることが分かった時などに有効です。さすがにその日出社した後に「今日は有給にする」とか、「午後から有給にする」は従業員側からするとあまり納得できない場合もありますので、最悪でも前の日までには通知するようにした方が良いと思います。

在庫管理の小さな工夫

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは。迅社会保険労務士事務所の小松巧です。

必要な時に物がなくて作業が滞ってしまうこと、よくあるのではないでしょうか。

ものが少なくなった時に発注しておけばよいのですが、今何個あるか一目で分かりにくい状態になっているとその管理が難しくなってしまいます。

例えば模造紙。何枚かまとめて段ボールの中に入っているので、外から見ただけでは中に何枚入っているかわかりません。使うときに開けてみたら全然入っていない!という危険があります。

そこで、使ったときにあと何枚入っているか、外箱にマジックで書くようにしました。

無題1.png

こうすることで、一目で今何枚在庫があるか把握することができます。

在庫を確認する為だけに箱を開けて数えるのは無駄な作業ですが、使ったときにすぐ書くようにすればその手間を省くことができます。

小さなことではありますが、在庫管理に活用してみてはいかがでしょうか。

有給休暇取得義務化にむけて、帳簿も作成しないといけなくなります。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは。

迅社会保険労務士事務所の小松巧です。

来年(平成31年)4月1日より有給休暇の取得を義務化する法改正が施行されます。

有給休暇は従業員から申し出があった場合に与えればよかったのですが、今回の法改正により、毎年5日間は会社側から指示して有休を使わせなければならなくなります。

時間外労働の上限規制とは違い、中小企業の猶予や業種による除外規定などは無く、全ての企業が対象となります。

これに伴い、会社には有休日数を管理するための帳簿の作成も義務付けられます。労働者名簿、出勤簿、賃金台帳に加え、有給管理の帳簿も新たに備え付けなければならなくなるということです。今後は労働基準監督署の指導対象となる事が予想されます。

社員数がある程度多い会社はすでに作成して管理している場合が多いですが、10人以下の会社だと作成していなかったり、そもそも有給休暇日数事態を把握していないということもあります。

有給管理の帳簿は、法令上決まった様式は無いので自分で作る必要がありますが、インターネットで検索すると無料のテンプレートを入手することができます。厚生労働省もパンプレットで案内しているので参考にしてみてはいかがでしょうか(https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/kinrou/dl/040324-16a.pdf)


Excelでヒストグラムを作成してみませんか

  • 投稿日:
  • by

こんにちは。迅社会保険労務士事務所の小松巧です。

前回は、Excelで工程能力指数を簡単に算出できる方法を紹介しました。しかし、簡単に数字として表れますが、それが本当に正しいものなのか見極めるためにはヒストグラムの形を見てみることが不可欠です。山が二つあったり、極端に偏っていたりすると、工程そのものを見直さなければならないこともあります。

ヒストグラムもエクセルで簡単に作成することができるので、今回はそのやり方を紹介します。

① ヒストグラムを作るツールバーがあるか確認します。「データ」タブを選択してその中に「データ分析」のタブがあるかを確認します。

001.png

最初は出てこない場合があるので、設定変更して出るようにしてください。やり方はこちらのサイトで詳しく説明してあります。↓

https://support.office.com/ja-jp/article/-%E8%A1%A8%E7%A4%BA-%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%81%AB%E5%88%86%E6%9E%90%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%81%8C%E8%A1%A8%E7%A4%BA%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84-d7dce7a4-2696-4d47-8fc3-e37e7ef9e5d5

② 測定した値をすべて入力します。

002.png③ ヒストグラムの横軸の数字を入力します。

ヒストグラムの横軸の数字はこちらで前もって設定しなければなりません。

003.pngヒストグラムにしたとき、工程の状態がイメージしやすいようにするのがポイントです。規格値の上限と下限が明らかであれば最大値と最小値にその数字を入れるのが良いかと思います。数値の設定方法は改めて説明します。

④ ①で出した「データ分析」のタブから「ヒストグラム」を選択し、「入力範囲」、データ区間、出力先を入力します。また、「グラフ作成」のチェックボックスに✓を入れます。

入力範囲は、②で入力した測定範囲を入力したエリアです。

006.pngデータ区間は、③で入力した範囲です。

007.png出力先はどこでもよいので、Excelシートのいずれか1つのセルを選択します。

⑤ OKをクリックするとヒストグラムが図示されます。グラフを見やすいように棒の太さを変えたりもできます。

作業自体は簡単ですが、横軸の設定が見やすくなるためのポイントとなります。次回は横軸の設定方法を紹介します。

エクセルで工程能力指数を計算

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは。迅社会保険労櫛事務所の小松巧です。

これまで、工程能力指数をテーマにしてきましたが、今回はExcelで工程能力指数を計算する方法を紹介します。

ご存知の通り、Excelで何か計算するという場合は、セルの中に「=」から始まる計算式を入力します。

工程能力指数を求める場合は2つの式があり、目的によって使い分けます。

1つは求められている規格の幅(プラス、マイナス○○㎜等の両側規格)と実際にある工程が製造した製品のばらつきを比較して、その工程の「余裕度」つまり、規格アウトが起きる可能性を求める場合で・・

「(規格の上限値-規格の下限値)/その工程の標準偏差×6」

製造した製品が上限値又は、下限値の方向に偏っているから、この偏りも考慮する(実務では、生産設備の消耗等さまざまな理由により規格幅の中心を狙って製造しないこともあります)必要があるときは・・

「(測定値の平均値-規格限界値)/その工程の標準偏差×3」

「その工程の標準偏差」はどのように計算するかというと、

「=STDEV(データが入力されているセルの範囲)」

Excelで実際に計算するとこのようになります。↓

20181013.png

Excel操作自体はあまり特別なことは必要ありません。統計データなので入力するデータが多いほど正確性は高まります。

良かったらお試しください。