中小企業診断士の理論政策更新研修の講師

石川県で理念経営を実践し、恩送りができる士業を育成することを目指す中小企業診断士西井克己です。

2018年9月14日に中小企業診断士の理論政策更新研修の講師をしました。

タスクールの渡邉智浩さんから声をかけていただき実現しました。

中小企業診断士の理論政策更新研修は、5年毎に更新制度を導入している中小企業診断士にとっては、受講が必須の研修であり、

5年間で5回受講していないと資格が更新できない仕組みになっています。

受講者の大半が、ぜひ聴こう、勉強しようという雰囲気ではなく、どちらかというと義務感で受けているそんな研修で、私も7-8年前まではそんな感じで受けていました。

しかし、何事も前向き捉えなくてはと思い、7-8年前からは、普通は同業者お断りと断られる研修が多い中で、中小企業診断士が講師をする研修を堂々と受講できることは、ある意味すごい仕組みである。

普段から私が会いたいと思っている中小企業診断士の方が講師をして研修を見つけ出してその方に会いに研修を受けに行っています。

このため、それ以降は、目的をもって受講することになり、義務感はなくとても楽しく受講させていただいておりますし、自分自身の人脈も少しずつ増えているような気がしています。

そんな中で、今回初めて、受ける側から、研修する側になりました。

研修プログラムを組むときに最も気を使った点は、

大人数を対象とした講義を受けているときに感じていた、一方通行の講義や一般論をインプットする以外の研修も選択肢としてあったほうがいいという思いを実現するため

できる限り双方向の研修とすることです。

会場も12名ぐらいしか入れない会場としましたので、少人数で双方向の研修スタイルとしました。

参加者が判明した前日に大きくプログラムを変更したため、無事に終了するのか心配しましたが何とかお勤めを果たすことができました。

また、4時間という長い時間を共有できたことから、普段お会いしている受講者の方なのですが、相互理解が深まったと感じております。

いろいろと反省点はありますが、何とか研修が終了したことに感謝したいと思います。

また機会があれば挑戦したいと思います。

                                                        

社員が育たないという前になぜ育っていないか本気で考えてみませんか?

迅技術経営の教育訓練実績はこちらへ

迅技術経営の管理職研修はこちらへ

2018年10月号致知特集「人生の法則」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

石川県で理念経営を実践し、恩送りができる士業を育成することを目指す中小企業診断士西井克己です。

雑誌「致知」2018年10月号が届きました。特集「人生の法則」を読みましたので感想を記載します。

今回の特集で、最も心に響いた特集は、作家の五木寛之さんと臨済宗円覚寺派管長の横田南嶺さんの対談「人生のヒント」の五木寛之さんの言葉からです。

致知の引用開始

 「そうゆうふうに、難しいことを易しく語るというのはとても大事なことなんですが、残念なことにそれを軽く見る傾向がこの国にはあります。法然という人は、知恵第一の法然坊と言われた比叡山の大秀才ですけれども、市井の人々との問答をしきりにやっていました。月経の時に神仏に詣でてもよろしいでしょうかとか、お酒は飲んでもよろしいでしょうかなどと、そんな庶民の素朴な疑問にも丁寧に答えていたのです。そういう法然の仕事は、大事なことを易しく、という言葉に尽きるような気がするんですよ。」

引用終了

感想

大学院の時の恩師がおっしゃっていました。

「むずかしい事をむずかしく言うのは誰でもできる。難しいことを簡単にわかりやすく伝えることが大事なんだと。」

また、中小企業診断士として仕事をしたお客様から頂いた言葉があります。

「西井さんは、むずかしい事を単純化して表現してくれるので助かる」

 難しいかどうかは別として、相手に物事を伝えるときは、まず自分で理解しないと伝わらない。
 上司の言われたことやお客様に言われたことを、伝書鳩のようにそのまま伝えても相手には伝わらない。
 ある物事や言葉を自分の中で理解し、そして自分の言葉で伝える。
 そしてその言葉はできる限り平易な言葉で伝える。
 どんな仕事でもこのことができなくては、円滑に物事が進みません。
 法然上人は、平安後期から鎌倉初期の方ですので8百年以上前の方も大事なことはやさしく伝えることを大事にされていたと思うと人間の本質はやっぱり変わっていない。と感じました。

致知2018年10月号.JPG

社員が育たないという前になぜ育っていないか本気で考えてみませんか?

迅技術経営の教育訓練実績はこちらへ

迅技術経営の管理職研修はこちらへ

2S(整理・整頓)の進め方

石川県で理念経営を実践し、恩送りができる士業を育成することを目指す中小企業診断士西井克己です。

最近2S(整理・整頓)を推進するために専門家として派遣されることが多くなってきました。

整理整頓の活動がなかなか続かない。

従業員が整理と整頓の意味の違いもわからないのでそこからお願いします。

という悩みを抱えていらっしゃるお客様が多いです。

私の整理整頓の支援の流れは以下の通りになります。

1 整理整頓の意味を理解する事

2 整理整頓を実施する事

3 整理整頓のあるべき姿に定期的に戻すこと

4 整理整頓のあるべき姿のレベルを少しずつ上げていくこと

1の整理整頓の意味を理解する事の具体的やり方ですが、

まず全従業員を対象に、4-6名のグループをつくって自分が考える整理整頓について発表してもらいます。

その後、一般的な整理と整頓の定義について私から話をします。

すなわち、

整理はいるものといらないものを分けて、いらないものは捨てること

整頓は必要な時に、必要なものを必要な分だけ取り出せること

(特に整頓は、どれだけの時間で(例えば事務所であれば15秒で取り出せる)という定義をします)

そして、もう一度自分の中での整理と整頓の定義を固めてもらいます。

2整理整頓を実施する事

自分の中での整理と整頓の定義が固まったら、

まずそれに基づいて自分の机を整理整頓していただきます。

(現場の場合は自分の持ち場)

そしてその整理整頓した姿を写真に撮ってもらいます。

私の机の場合はこんな感じ

整理整頓_机.jpg

3整理整頓のあるべき姿に定期的に戻すこと

写真に撮られた姿にいつのタイミングで戻すのか決めます。

1週間なのか毎日なのか

そしてそのタイミングでゼロ点に戻すことを実施いただきます。

(ゼロ点に戻せているか、お互いにチェックをしてもらいます)

4 整理整頓のあるべき姿のレベルを少しずつ上げていくこと

定期的にゼロ点(あるべき姿)に戻せるようになると、

つぎはそのゼロ点のレベルを上げていきます。

パット見たところ変わりませんが、

右上の書類を立てておく場所が、

上はブックエンドで、下はKINGJIM(4653)のボックスに入っています。

机の整理整頓改善前後.png

整理整頓活動はゼロ点に戻すこと

そのゼロ点を少しずつ改善していくこと。

これを繰り返すことにより、パッと見てキレイのレベルではなく、

感動するレベルにまで到達できます。

4つのことは、当たり前のことなのですが、当たり前のことをやり続けて

会社としてのあたりまえのレベルを上げる。このことこそが大事ではないかと思っております。

社員が育たないという前になぜ育っていないか本気で考えてみませんか?

迅技術経営の教育訓練実績はこちらへ

迅技術経営の管理職研修はこちらへ

2018年9月号致知特集「内発力」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

石川県で理念経営を実践し、恩送りができる士業を育成することを目指す中小企業診断士西井克己です。

雑誌「致知」2018年9月号が届きました。特集「内発力」を読みましたので感想を記載します。

今回の特集で、最も心に響いた特集は、ALSOK会長兼CEOの村井温さんと全日本柔道男子代表監督の井上康生さんの対談「内発力をいかに引き出すか」の村井温さんの言葉からです。

致知の引用開始

 それからもう一つ、「善敗由己(ぜんぱいおのれによる)」という言葉。これは成功も失敗も全部自分によるという意味です。しかし、言うは易しで、日々の仕事においても、失敗があるとついつい自分のせいじゃないと考えてしまう。ですから、自分を律するためにも「善敗由己」の言葉はいつも腹の中に入れています。

引用終了

感想

社長の教祖の言われる一倉定さんの言葉をまとめた一倉定経営の心得 2-6社長の責任 においても 電信柱が高いのも、郵便ポストが赤いのも社長の責任である。と記載されています。

特に社長が知らないうちに起こったことでもすべて社長の責任であることを説いている。

一定レベルのところまで到達された経営者は、言葉という表に出てくるものは違えど、根っこの部分では同じことを言っている。

経営者の仕事は、責任を取るだけにある。一回やるだけでは簡単かもしれませんが、経営者であるときに起こったすべての事柄において継続的に自分の責任であるとすることはとても難しい。
すべての責任は自分が取る宣言して、そしてその信念に基づいて行動する。これこそが従業員と経営者、会社と従業員の信頼関係を形成する基盤になる。
そう思いました。
2018年9月号致知.jpg

社員が育たないという前になぜ育っていないか本気で考えてみませんか?

迅技術経営の教育訓練実績はこちらへ

迅技術経営の管理職研修はこちらへ

中小企業診断士1次試験頑張ってください。

資格を勉強していた時、7月に入ると機嫌が悪くなった。資格試験のラストスパートに入るから。

今思えば、あせっても試験結果に影響はないのであろうが、その時はそう思えなかった。

試験に落ちたらどうしようとも考えた。信じて進めばきっといいことがある。

今は士業として進み続けている。頑張れ受験生

中小企業診断士事務所の迅技術経営

迅技術経営のファイスブックページができました。 いいねお願いします。

迅技術経営のフェイスブックページへ

自己努力と相手を慮ること双方を満足する士業を育成する仕組みを作り後世に残すことを目指す中小企業診断士西井克己です。

今日は、オフィスの改善についてお伝えします。

製造業の改善でも、歩行は何の付加価値も生まないので改善のターゲットになります。

1つの作業をするのにモノを取りに行くのに行ったり来たりしていると、それは改善の余地ありということになります。

製造業の現場ですと材料や仕掛品や工具の場所ということになりますが、

一方でオフィスはどうでしょうか?

オフィス関係でいうと、複合機やプリンター関連で改善することが多いです。

すなわち、プリンターや複合機の用紙切れの際に、コピー用紙を取りに行き、補充して、コピー用紙の包装紙をゴミ箱に捨てる。

この動作を行ったり来たりすることは少なくありません。

弊社も、コピー用紙と複合機は同じ場所に置いてあったのですが、ごみ箱だけは違う場所に置いていました。

そのため、コピー用紙の包装紙を捨てるために歩行する必要がありました。

これを今回以下のように改善いたしました。

まず、改善前(上)と改善後(下)です。

左のA3コピー用紙置き場の上に、棚をつくり、コピー用紙の包装紙を置く場所をつくりました。

コピー包装紙置き場1.jpg完成.jpg

このつくるプロセスですが

1材料を購入

 今回はDIYショップで発泡スチレンの板を購入してきました。A2サイズ(黒)とA3サイズ(白)

 A2サイズは棚板とするために、2つ重ねるためにA2サイズといたしました。

コピー包装紙置き場2.jpg

2 購入した発泡スチレンを切断

購入した発泡スチレンを所定の大きさに切断しました。

黒い板は、棚板に合わせてA3サイズより少し小さめに、

白い板は、棚板を受ける役割を果たすために、細く切断しました。

コピー包装紙置き場5きった後.jpgコピー包装紙置き場きる前.jpg

3 仮置きしてイメージをつくる

 どのくらいの大きさの棚を要するのか実際に仮に作ってみて、大きさの感触を得ます(この作業は意外に大事です)

 結果、上の棚と100㎜の位置に棚板を設置することとなりました(イメージの後数字に落とし込むこと)

コピー包装紙置き場仮決め3.jpg

4 ノギスで設置位置を正確にマーキング

 水平が大事ですので、ノギスを使って正確にマーキングしました。

コピー包装紙置き場6ノギス.jpg

5マーキング個所に白い板を設置

 ノギスでマーキングしたところに白い板を設置しました。(裏面が粘着面となっているので離型紙をはがして着けました)

コピー包装紙置き場7貼り付け.jpg

6棚板を置く

白い発泡スチレンの上に棚板を置いて、かつ表示をして完成です。

コピー包装紙置き場8設置.jpg

完成図

棚板の上に、青いコピー用紙包装紙があります。

完成.jpg

社員が育たないという前になぜ育っていないか本気で考えてみませんか?

迅技術経営の教育訓練実績はこちらへ

迅技術経営の管理職研修はこちらへ

2018年8月号 致知特集「変革する」感想

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

石川県で理念経営を実践し、恩送りができる士業を育成することを目指す中小企業診断士西井克己です。

雑誌「致知」2018年8月号が届きました。特集「変革する」を読みましたので感想を記載します。

今回の特集で、最も心に響いた特集は、ウシオ電機会長の牛尾治朗さんとフューチャー会長兼社長金丸恭文さんの対談「いかに変革を続けるか」の牛尾治朗さんの言葉からです。

致知の引用開始

 選択の余地もなく経営の道に入ったわけですが、そのおかげで迷うという無駄なことをせずに済んだのは、逆に良かったかもしれません。人生というのはそんなふうに、なかなか自分の思い通りにいかないものです。けれども、不本意な中でもベストを尽くしていると、その中で僅かずつでも自分のやりたいことが見えてくるというのが今の実感ですね。

引用終了

感想

不本意な中でもベストを尽くす。

不本意な中ででベストを尽くした経験は、新卒から1年間製造現場で働いたころです。

新卒で研究をやるためにその会社に入ったにもかかわらず1年目は、製造現場に配属されました。不本意で、一生懸命やろうという気が起きなかったのは事実です。

しかし、その仕事を何とか覚えようと模索しているうちに、その現場で働いている方との人間関係が形成されたり、その方たちが見えていないことが視点の違う自分には見えることがあったり、わずかながらでも現場が改善したり、本来やりたい仕事ではなかったもののその仕事の面白さを感じることができました。

結果として、中小企業診断士として仕事に従事している現在では、製造現場の方と1年間一緒に働いた経験がすごくいかされています。

不本意の中で何もしないと得るものはないですが、一生懸命やり続けると少し光が見えてくる。その光がどこで役に立つかわからない。どんな環境であれ一生懸命にベストを尽くすことが大事だと実感しています。

致知201808.jpg

社員が育たないという前になぜ育っていないか本気で考えてみませんか?

迅技術経営の教育訓練実績はこちらへ

迅技術経営の管理職研修はこちらへ

自己努力と相手を慮ること双方を満足する士業を育成する仕組みを作り後世に残すことを目指す中小企業診断士西井克己です。

5月3日、4日と福多唯さんの

GWスペシャル TOCfE勉強会〜考える力・達成する力を伸ばそう〜

に参加してきました。

この研修は、

TOCfEの4つのツール

ブランチ、クラウド、アンビシャスターゲット、論理的に正しいかどうかを検証する4つの視点(CLR)を実践しながら学べる

プログラムになっていました。

この中でクラウドを実践しようと思い、少しずつ実践しています。

クラウド実践の3回目は、

中小企業診断士シンポジウムに参加するしないるの事例でクラウドしてみました。

2018年7月7日 ホテル日航金沢で中小企業診断士シンポジウムが開催されます。

そのシンポジウムに参加する方もしない方も、参加を検討している場合は少なくとも中小企業診断士として活躍したいという共通の思いがあると思います。

雲の中は思い込みと思われるものを記載しました。

TOCfEクラウド実践3.png

今回は対立する2つの行動をクラウドにて考えてみましたが、

個人的にはあまりすっきりしていない状態です。

中小企業診断士の方の大半は、中小企業診断士の資格を活かしたいという思いを持っています。

その思いを実現するための手段は、たくさんあると思います。

その手段の1つに中小企業診断士シンポジウムがあるそんなことが表現できたらと思いましたが

まだまだのようです。

すっきりしなくても1つ1つ前に進んでいきたいと思います。

2018年7月1日追記

もやもや感があったのでもう一度同じテーマで作ってみました。

少しもやもや感がなくなった感じです。

TOCfEクラウド実践3-2.png

さらに、推敲した結果こちらとなりました。

クラウド実践e.png

社員が育たないという前になぜ育っていないか本気で考えてみませんか?


迅技術経営の管理職研修はこちらへ