やなせたかし明日をひらく言葉 PHP研究所

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

自己努力と相手を慮ること双方を満足する士業を育成する仕組みを作り後世に残すことを目指す中小企業診断士西井克己です。

やなせたかし明日をひらく言葉 PHP研究所 PHP文庫 を読みました。

この本は、やなせたかしさんがなくなる1年前の2012年に出版されたもので、

PHPのスタッフが、やなせたかしさんの著書から編集して制作している本です。

アンパンマンの絵本を見たのは、子供のころに通っていた医院の待合室でした。

当時から人気のある絵本で、ボロボロになっていても読まれている本であったことを覚えています。

子供のころはそんなに深く考えなかったのですが、自分が士業として仕事をするようになり、自分の子供がアンパンマンのアニメを見るようになってから

アンパンマンのマーチを聞くと、その意味深さに感動したことを覚えています。

今回は、やなせたかしさんの著書ではなく、PHPのスタッフが著書を編集された制作物を読みました。

著者本人が書くよりも、編集するほうがより伝わりやすくなっていることがあるため、今回はこの本を選びました。

その本の108項にこう書いてあります。

アンパンマンは、自分の顔をちぎって人に食べさせる。

本人も傷つくんだけれど、それによって人を助ける。

そういう捨て身、献身の心なくしては正義は行えない。

とあります。

普段から、中小企業診断士は、奉仕者(サーバント)である必要があると思っていたのですがなかなか思いを共有しにくい表現方法であると悩んでいました。

アンパンマンのように献身の心で正義を貫くといったほうが聞く方がなんとなく共有言語化しそう。そんな感じがいたしました。

自分の考えを伝えるときに、みんながイメージしやすい言葉で伝える。このことは本当に大事であると頃に感じています。

今回、最も感銘を受けたフレーズを以下に示します。

引用開始

 人間が一番うれしいことはなんだろう?長い間、ぼくは考えてきた。そして結局、人が一番うれしいのは、人をよろこばせることだということがわかりました。実に単純なことです。ひとはひとをよろこばせることが一番うれしい。


引用終了

まさしく「言い得て妙」。

どんな仕事も、人の成長をみること、会社が生き残ること、会社が成長する事、いろいろと感動ポイントはありますが、その根底には、人をよろこばせることに感動することが多いと思います。

特に、我々士業は、自分が一番ではなく、人をよろこばせることを一番に考える人材であるべきで、自分が今まで考えていたことが表現されており、納得感がありました。

やなせたかしさんは、2013年に亡くなっておりますが、その精神は、アンパンマンという作品や著書ややなせさんと仕事をされた方を通じて後世に残っていく。

自分の生きた時代だけではなく、後世に貢献できる人材というのはすごいなと単純に思いました。

やなせたかし明日をひらく言葉.jpg

よろしければ中小企業診断士西井克己が代表を務める 株式会社迅技術経営のホームページもご覧下さい

中小企業診断士事務所の迅技術経営

迅技術経営のファイスブックページができました。 いいねお願いします。

迅技術経営のフェイスブックページへ

弁理士・行政書士・中小企業診断士が 知的資産経営を支援する もちや事業部はこちら

知的資産経営を支援するもちや事業部

 

2018年11月朔日参り

中小企業診断士西井克己です。

一昨年から、前厄に入ったこともあり朔日参りを行っています。

今月も大野湊神社でお参りできました。

今日で35回目。

11月にはいって、だいぶ寒くなってきました

体調を整えながら今月も頑張ります。

大野湊神社朔日.jpg

石川県で理念経営を実践し、恩送りができる士業を育成することを目指す中小企業診断士西井克己です。

2018年10月20日 ダイアログ・イン・ザ・ダーク ショーケース@金沢21世紀美術館に2人の娘とともに参加してきました。

ダイアログ・イン・ザ・ダークは、大阪の対話のある家で長女とともに参加しており、長女と私は2回目、二女は初参加となりました。

ダイアログ・イン・ザ・ダークの詳細については、Dialog in the Dark JapanのHPをご覧ください http://www.dialoginthedark.com/

ダイアログ・イン・ザ・ダークは、金沢発開催。

今回は、暗闇のエキスパートである視覚障がい者のアテンドにより、暗闇の中を探検し、金沢の伝統工芸品等に触れ合うを体験をするものでした。

今回はアテンドさんを含め10名のチームで1時間半体験いたしました。

(参加者の方は、金沢だけではなく、神奈川や長野からお越しの方もいらっしゃいました)

参加者の方がおっしゃったのですが、アテンドさんが暗闇の中でまさに灯台のような存在で我々を導いてくださいました。

私自身暗闇の中で感じたのは、普段はいかに視覚に頼った行動をしていること。

暗闇の中で、視覚を失うと何とか情報を得ようと、視覚以外の感覚とくに聴覚と触覚が研ぎ澄まされること
それにより、今までには感じなかった視覚以外の感覚の大切さと今までその感覚をおろそかにしていたことそして視覚以外の感覚でものを見ることで人間の創造性が豊かになることに気づかされます。
また、暗闇の中では、1人で行動すると特に不安になるので、コミュニケーションの大切さをかんじることができます。
コミュニケーションの本質が、キャッチボールであることに気づくことができます。
すなわち、自分がどのような状態にあるのかを発信し、相手が受け止めているか確認する事。相手がどういう状態か発信されたときには、自分は受け止められたのか発信する事。すごく単純なことが普段はできていないことに気づかされます。
なかなか、すぐに行動を変えることができませんが、この体験をきっかけに少しずつ行動を変えていきたいと思いました。
この体験に付き合ってくれた2人の娘にも感謝したいと思います。

ダイアログ・イン・ザ・ダーク ショーケース@金沢21世紀美術館ライト.jpg

ダイアログ・イン・ザ・ダーク ショーケース@金沢21世紀美術館.jpg

学びとは何か 今井むつみ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

自己努力と相手を慮ること双方を満足する士業を育成する仕組みを作り後世に残すことを目指す中小企業診断士西井克己です。

学びとは何か 今井むつみ著 岩波新書 を読みました。

本の帯に羽生善治氏推薦 学ぶことの大切さ、学ぶ方法を学ぶ大切さがわかる一冊です。

とあり、本を開くと、羽生善治さんが前文を書いていらっしゃる。

久しぶりに衝動買いをした本です。

ただ、読み進めるうちなるほどと思うことばかりでした。

引用開始

 探求人を育てるには自分が探求人になるしかない。これは親にも、教師にも、子供にも関わるすべての人--つまり社会に生きるすべての人間--に言えることである。本書をまさに脱稿しようとしていた日、日本のラグビーに奇跡をもたらしたと言われる監督エディ・ジョーンズさんのインタビュー記事を読んだ(二〇一六年二月三日付朝日新聞)。探求人を育てるための真髄が短い記事に凝縮されていた。

 エディさんは言っている。

 私たち人間は、楽な方に進みがちです。変化することは、いつだって難しいもの。だから、日々の生き方、考え方から変えていけたらと思っています。ほんの3~5%の小さな意識の変化。それが、大きな違いを生むのです。

 エディさんは、日本人は従順であるようにきょういくされている、とも言う。その日本人選手をエディさんが極限まで追い込んで変えようとしていたこと。それは選手が「自分で考える」意識をつくることだった。


引用終了

本書は記憶と知識そして生きた知識の違いを論理的に述べられている。

また、効率を求める危うさ(教えてもらうのが当たり前になる)ことも提唱している。

そして本質は、探求人を育てるためには、自分はもちろん、周りの人も探求人になる必要性を説いている。

私自身の探求心の源は大学院時代に形成されたと思っています。

探求心にあふれた人材に囲まれて2年間を過ごせたことが一番影響していると思っております。

なんとか、弊社でもそれを実現したいと思っていますが、まだまだである。

そう感じた一冊でした。

佐藤一斎言志録239条に示されている読書の法を勘案しながらこれからも読んでいきたいと思います。

佐藤一斎の言志録239

読書の法は、富に孟子の三言を師とすべし。曰く意を以て志を逆ふ。曰く尽くは書を信ぜず。曰く人を知り世を論ずと

学びとは何か 今井むつみ.jpg

 

よろしければ中小企業診断士西井克己が代表を務める 株式会社迅技術経営のホームページもご覧下さい

中小企業診断士事務所の迅技術経営

迅技術経営のファイスブックページができました。 いいねお願いします。

迅技術経営のフェイスブックページへ

弁理士・行政書士・中小企業診断士が 知的資産経営を支援する もちや事業部はこちら

知的資産経営を支援するもちや事業部

 

 

手仕事の日本 柳宗悦

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

自己努力と相手を慮ること双方を満足する士業を育成する仕組みを作り後世に残すことを目指す中小企業診断士西井克己です。

手仕事の日本 柳宗悦著 岩波文庫 を読みました。

この本は、昭和17年ごろに執筆され、昭和60年に文庫本になっている。

戦前の日本の手仕事を関東→東北→中部→北陸・・・と全国を回る形で話は進んでいる。

戦後、高度経済成長で失ってしまったであろうものがここに記載されています。個別の手仕事以外で特に感銘を受けたのが、以下のフレーズです。

引用開始

 なぜ機械仕事とともに手仕事が必要なのでありましょうか。機会に依らなければできない品物があると共に、機械では生まれないものが数々あるわけであります。凡てを機会に任せてしまうと、第一に国民的な特色あるものが乏しくなってきます。機械は世界のものを共通にしてしまう傾きがあります。それに残念なことに、機械はとにかく利得のために用いられているので、できる品物が粗末になりがちであります。それに人間が機械に使われてしまうためか、働く人からとにかく悦びを奪ってしまいます。


引用終了

とても、戦前に作られた言葉とは思えません。

今現在、日本だけではなく世界が人間が機械に使われてしまっているそんな気がしてなりません。

機械化が進みいわゆる安くていいものが手に入るようになっている。でも製造業に作る悦びはそれとは違うところでなくなりつつあるのではないかと思います。

生産性向上、働き方改革も大事なのですが、作る悦び、仕事の悦びこれも大事だと痛感しました。

手仕事の日本.jpg

よろしければ中小企業診断士西井克己が代表を務める 株式会社迅技術経営のホームページもご覧下さい

中小企業診断士事務所の迅技術経営

迅技術経営のファイスブックページができました。 いいねお願いします。

迅技術経営のフェイスブックページへ

弁理士・行政書士・中小企業診断士が 知的資産経営を支援する もちや事業部はこちら

知的資産経営を支援するもちや事業部

2018年11月号致知特集「自己を丹誠する」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

石川県で理念経営を実践し、恩送りができる士業を育成することを目指す中小企業診断士西井克己です。

雑誌「致知」2018年11月号が届きました。特集「自己を丹誠する」を読みましたので感想を記載します。

今回の特集で、最も心に響いた特集は、ノーベル物理学賞受賞者の梶田隆章さんとサクラダ・ファミリア芸術工房監督の外尾悦郎さんの対談「一念が道をつくる」の外尾悦郎さんの言葉からです。

致知の引用開始

 「つまり、いつか大事な時が来るだろうというのは間違いで、常にいまこの瞬間がすべて。百の力があると思って六十%の力だけ使ってやっていると、それを繰り返してしまうのが人間で、知らずすらずの中に百の力が六十に下がってしまうんです。

  反対に、六十の力を出すのが自己ベストだと思っていた人が、死んでもこの仕事をやり遂げるという覚悟に目覚め、厳しい条件の中で今できることを一所懸命にやっていくことによって、八十や百の力を出せるようになる。

  だから、今この瞬間、目の前のことを真剣に取り組まない人間には、決してチャンスは訪れない。そういう心構えで命かけで生きていくことが、自己を丹誠することに繋がるのではないかと思います。」

引用終了

感想

 仕事を始めたころは当たり前ですが、20しかない能力を150%出し切って30の力を出す、それを繰り返すことで少しずつ、信用と実績を得てリピートにつながる。

 仕事が軌道に乗るときはそんな状態の方が多いのではないでしょうか?

 しかし、ある程度の実績を得て、年齢を重ねるうちに、自己ベストの60%の仕事しかしていないわけではないがいつしかそのトップスピードから落として仕事をしている。

 そうすると、安定はするものの、成長するのは難しい。

 知らず知らずのうちに自分自身もそうなってしまっているのではないかと思いました。

 いつでも、100%以上の仕事をやりきる。自分はまだまだである。そう思って仕事をすることの大切さを再認識することができました。

 致知2018年11月号.jpg

社員が育たないという前になぜ育っていないか本気で考えてみませんか?

迅技術経営の教育訓練実績はこちらへ

迅技術経営の管理職研修はこちらへ

2018年10月朔日参り

中小企業診断士西井克己です。

一昨年から、前厄に入ったこともあり朔日参りを行っています。

今月も大野湊神社でお参りできました。

今日で34回目。

10月に入ると今年のカウントダウンの始まり。時が過ぎるのは早いからこそ、1つ1つの事柄を大切に。

今月も頑張ります。

201810_大野湊神社.jpg

人生の結論 小池一夫

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

自己努力と相手を慮ること双方を満足する士業を育成する仕組みを作り後世に残すことを目指す中小企業診断士西井克己です。

人生の結論 小池一夫著 朝日新書 を読みました。

ツイッターでフォローしている小池一夫さんの本を読んでみました。

いくつも心に響く言葉があったのですが最も心に響いた文節を1つだけ引用したいと思います。

引用開始

 判断に迷ったら、人として美しいほうを選べ、というのが僕の人生の結論です。

 人生には必ず後悔が伴います。過去を振り返ると、ああ、あのときあの人やあの状況に対してもっと最善の言動があったのになあと後悔することが多々あります。

 しかし、仕方がないのだ、あのときは自分の精いっぱいだったのだ、今そう思えるようになるには、そのときの後悔を含めた自分の全人生が必要だったのです。人生そうやって取り戻すしかないのです。

 僕は、大人の定義として、「人を傷つけることもあるし、傷つけられることもある。」ということを理解している人だと思います。

 そしてまた、「誰かを許し、自分もまた誰かに許されていること」を理解している人です。

 人生に迷ったときは、人として美しいほうを選べばいい。

 楽しいほうを選べばいい。

 相手が喜んでくれる方を選べばいい。

 何も難しく考える必要はないのです。


引用終了

 我々は、書物があるので歴史上の人物が、「判断に迷ったら困難な道を選ぶ」ということを判断基準にしていたであろうことを知ることができます。私もそれに習いそれを、判断基準にしておりました。

人として美しいほう」は、美しいという形容詞が使われております。形容詞は、まさしく人によってとらえ方が異なるものなので、なかなか客観的な言葉ではなく、私自身は特に仕事の時に形容詞を使う時は○○と比較して美しいなど、できる限り単体では使わないようにしている言葉です。

 そんな自分でも、人として美しいほうというを選ぶことによって、後でこうすればよかったと後悔することが少なくなるのではないか?そう感じることができました。

 今後は、困難な道と人として美しいこの2つの視点で見てみたいと思います。

人生の結論 小池一夫.jpg

人間の覚悟 五木寛之

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

自己努力と相手を慮ること双方を満足する士業を育成する仕組みを作り後世に残すことを目指す中小企業診断士西井克己です。

人間の覚悟 五木寛之著 新潮新書 を読みました。

今月号の致知に五木寛之さんの対談が掲載されていたので

今回初めて五木寛之の本を読んでみました。

引用開始

 ただ、自分自身が「覚悟」することはできるのではないか。消極的で受け身の姿勢と思われるかもしれませんが、人の世というものはこういうものだ、人間とはそういうものだ、そういう覚悟することは、だれにでも可能だと思うのです。

 「覚悟」という言葉はもともと仏教用語で、辞書には「迷いを去り、道理をさとること」とあります。ほかに、「危険や困難を予想して、その心構えをすること」、そして「あきらめること、観念すること」があります。

 冒頭でふれたように、あきらめる、という意味は私の意見では、「明らかに究める」こと。物事をはっきりと究め、現実はこうなのだと覚悟することでしょう。

 言いかえれば、世の中のあらゆることは流転する。人間は老いて死んでいく。このことを、逃げすに真正面から見つめることです。世間は「あきらめない」ことを賞賛しますが、「あきらめる」は決して弱々しい受け身の姿勢ではなく、正しい覚悟を決める上では不可欠なのだと思います。

 私は、あの偉人こう言い、この大家はああ言った、と他人の言葉によって立つのは苦手です。この国では、ヨーロッパの哲学者や思想家の言葉を論拠とする批論のパターンがありますが、私は「自分はこう思う」ということを言い続けるしかありません。


引用終了

覚悟をきめることは、あきらめないこと。あきらめずにできるまでやり続けること。そう定義していました。

しかし、自分の中では、覚悟を持って諦めていることがあることに気づきました。

あきらめるは、「明らかに究める」こと。物事をはっきりと究め、現実はこうなのだと覚悟する。

とても大事なことだと思います。

物事をはっきりと究め、現実はこうなのだと覚悟できれば、経営でいうと選択と集中ができます。

後ろ向きなあきらめるではなく前を向いたあきらめる。

少しでも実践できればと思います。

人間の覚悟 五木寛之.jpg

 

 

社員が育たないという前になぜ育っていないか本気で考えてみませんか?


迅技術経営の管理職研修はこちらへ

中小企業診断士の理論政策更新研修の講師

石川県で理念経営を実践し、恩送りができる士業を育成することを目指す中小企業診断士西井克己です。

2018年9月14日に中小企業診断士の理論政策更新研修の講師をしました。

タスクールの渡邉智浩さんから声をかけていただき実現しました。

中小企業診断士の理論政策更新研修は、5年毎に更新制度を導入している中小企業診断士にとっては、受講が必須の研修であり、

5年間で5回受講していないと資格が更新できない仕組みになっています。

受講者の大半が、ぜひ聴こう、勉強しようという雰囲気ではなく、どちらかというと義務感で受けているそんな研修で、私も7-8年前まではそんな感じで受けていました。

しかし、何事も前向き捉えなくてはと思い、7-8年前からは、普通は同業者お断りと断られる研修が多い中で、中小企業診断士が講師をする研修を堂々と受講できることは、ある意味すごい仕組みである。

普段から私が会いたいと思っている中小企業診断士の方が講師をして研修を見つけ出してその方に会いに研修を受けに行っています。

このため、それ以降は、目的をもって受講することになり、義務感はなくとても楽しく受講させていただいておりますし、自分自身の人脈も少しずつ増えているような気がしています。

そんな中で、今回初めて、受ける側から、研修する側になりました。

研修プログラムを組むときに最も気を使った点は、

大人数を対象とした講義を受けているときに感じていた、一方通行の講義や一般論をインプットする以外の研修も選択肢としてあったほうがいいという思いを実現するため

できる限り双方向の研修とすることです。

会場も12名ぐらいしか入れない会場としましたので、少人数で双方向の研修スタイルとしました。

参加者が判明した前日に大きくプログラムを変更したため、無事に終了するのか心配しましたが何とかお勤めを果たすことができました。

また、4時間という長い時間を共有できたことから、普段お会いしている受講者の方なのですが、相互理解が深まったと感じております。

いろいろと反省点はありますが、何とか研修が終了したことに感謝したいと思います。

また機会があれば挑戦したいと思います。

                                                        

社員が育たないという前になぜ育っていないか本気で考えてみませんか?

迅技術経営の教育訓練実績はこちらへ

迅技術経営の管理職研修はこちらへ