タグ「致知」が付けられているもの

2018年5月号 致知特集「利他に生きる」感想

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

石川県で理念経営を実践し、恩送りができる士業を育成することを目指す中小企業診断士西井克己です。

雑誌「致知」2018年5月号が届きました。特集「利他に生きる」を読みましたので感想を記載します。

今回の特集で、最も心に響いた特集は、京セラ名誉会長のインタビュー記事「利他の心こそ繁栄の道」からです。

致知の引用開始

 中小企業の経営者というのは、だいたい利発でリーダーシップがあって、「自分が偉くなってお金持ちになりたい」という動機で会社をつくっている人が多いんです。

 私はそういう方々に、「皆さんが本当に幸せに豊かに生きていきたいと思うなら、まず従業員さんを幸せにしていかなければなりません」。つまり、「他の人をよくしてあげようという心がなければ、自分自身も決して幸せに豊かにはなっていきません」と、利他の心というものを訴えていきました。

引用終了

感想

お金は大切ですが、起業する(経営者となる)目的ではない。
お金はあくまで手段であって、目的にはなりえない。
経営者として10年以上実績のある方の大半は、お金は目的ではなく手段であることに気づく経験をなさっていると思います。
何をなすために経営者という人生の選択をしたのか、そのなすための手段としてのお金がある。
従業員を豊かにするために、お金や会社をどう使っていくのか、その延長線上に自分の人生のなすべきことがある。
小規模零細企業の経営者1人1人の力はとても小さいですが、1人1人がやるべきことをやっていれば、とても大きな力になる。
そのために、今の自分の役目を果たしていきたいそう思いました。
致知2018年5月号.jpg

社員が育たないという前になぜ育っていないか本気で考えてみませんか?

迅技術経営の教育訓練実績はこちらへ 

迅技術経営の管理職研修はこちらへ

2018年4月号 致知特集「本気 本腰 本物」感想

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

石川県で理念経営を実践し、恩送りができる士業を育成することを目指す中小企業診断士西井克己です。

雑誌「致知」2018年4月号が届きました。特集「本気 本腰 本物」を読みましたので感想を記載します。

今回の特集で、最も心に響いた特集は、バレーボール全日本女子監督中田久美さんとサッカー日本女子代表監督高倉麻子さんの対談「世界一を目指す」の

中田久美さんの一節です。

致知の引用開始

 それから片付けですね。というのも、体育館と隣接する合宿所の廊下に私物が散らばっていて、中にはやめた選手の箪笥まで放置されていたんです。すぐに選手を集合させると、「これではダメ、日本一になれない。すぐに片づけなさい」と言って、各自部屋から第幾巻の掃除まで当番をつくって全部一からやり直させました。

 なぜそうしたかと言うと、周りの変化に気づけない人たちが、自分たちのチームの問題に気づけるわけがないからなんです。「汚い」とか「汚れてる」って気づけない人に、チームの何が気づけるんですかって話です。日常生活ってすごく大事で、いまはコートの中だけちゃんとやっていればそれでいいという風潮がありますけど、答えは日常生活の中にある、と私は思うんです。

引用終了

感想

机の上の2S(整理整頓)がなされていないときは、汚れていてもわからない。
いつもきれいな状態にされているからこそ、その変化に気づける。
工場現場でも、油まみれの向上では、油漏れに気づくことができない。
普段からの気づくことができる環境を整えておくことが大事と思いました。
一瞬何かをやってそのあと何もしないと日常生活は乱れます。
1つ1つは大したことない行為でも日常生活の中に習慣化(小さな行為でも継続)することは難しい。
でも習慣化した時に初めて変化に気づくことができる。
だからこそ日常こそが大事であるそう思いました。

致知2018年4月号.png

社員が育たないという前になぜ育っていないか本気で考えてみませんか?

迅技術経営の教育訓練実績はこちらへ

迅技術経営の管理職研修はこちらへ

2018年2月号 致知特集「活機応変」感想

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

石川県で理念経営を実践し、恩送りができる士業を育成することを目指す中小企業診断士西井克己です。

雑誌「致知」2018年2月号が届きました。特集「活機応変」を読みましたので感想を記載します。

今回の特集で、最も心に響いた特集は、ジャパネットたかた創業者、Vファーレン長崎社長の髙田明さんと経営コンサルタント、アルマクリエイションズ社長の神田昌典さんの対談「新時代に勝ち残る企業のあり方」の

髙田明さんの一節です。

致知の引用開始

 やっぱり情熱、パッションがいりますね。それなくして絶対に伝わらないです。伝えるときには非言語の目が喋り、表情が喋り、手が喋り、指が喋り、全身が喋る。そして情熱をもって語り続ける。これが一番大事な部分じゃないかなと思います。

 だから、企業経営においても、トップは常に情熱をもって夢を語らなければいけない。ところがいま、AIとかIoTとかビックデータが発達してきて、効率の部分がどんどん求められるようになってきています。これも非常に台なんでしょうけれども、そういうものに頼り過ぎると、人間本来の持つパワーとか情熱が落ちてしまうような気がするんです。

 最近の子供たちは1日四時間、五時間とスマートフォンをいじっている。すごくいい面もあると思いますが、弱くしている面もあるじゃないですか。本来人間は、言葉を発し、喜怒哀楽を言葉で表現することが人間の素晴らしさなんだけど、この部分が弱くなってくれば、コミュニケーション教育、情熱教育のようなものが必要にになってくるのかなと。

引用終了

感想

最近、伝え方に関することが多く取り上げられています。
言い方を変えたり、伝える人を変えたりといろいろな手段や手法について取り上げられています。
伝え方がよくない、その手法を変えれば伝わりやすくなる。確かにそうかもしれません。
聞く人が、しっかりと聞きたいと思いになっており、伝える人がしっかりと伝えたいと思っている場合は
どんなに良くない手法を使おうが、互いに聞いたり、伝えたりする手法がつたなくても、本質的には伝わると思います。
事業活動において、上司から部下へ、部下から上司へ。思いを伝える場面はたくさんあります。
その際に、伝わっているか伝わっていないかといえば、大半の部分で伝わっているのではないかと個人的に思っています。
しかし、伝わっていても、受け手の行動が変わらなければ、発信者は、伝わっていないと感じるようになる。
そしてその結果、伝わっていないと思い、伝え方の手法を変えてみる。こんなサイクルになっているかもしれないという仮説を持っています。
髙田さんの言葉で、
伝わってかつ、受け手側の行動も変える(こんなに相手が頑張っているのだから自分もすこしはやってみよう)
ためには、「情熱」をもって喋ることが大事と痛感しました。
ただし、いろいろな価値観がありますので、「情熱」を受け入れてもらえる方とそうでない方もいるので、
一喜一憂せず、自分のやるべきことを1つ1つやっていくことが大事と思いました。
致知2018年2月号活機応変.jpg

社員が育たないという前になぜ育っていないか本気で考えてみませんか?

迅技術経営の教育訓練実績はこちらへ

迅技術経営の管理職研修はこちらへ

2018年1月号 致知特集「仕事と人生」感想

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

石川県で理念経営を実践し、士業が組織として中小企業支援を行うことを目指す中小企業診断士西井克己です。

雑誌「致知」2018年1月号が届きました。特集「仕事と人生」を読みましたので感想を記載します。

今回の特集で、最も心に響いた特集は、JFEホールディングス特別顧問の數土文夫さんと刀匠の松田次泰さんの対談「一筋の道を極める生き方」の

松田次泰さんの一節です。

致知の引用開始

 數土さんにおっしゃったように、僕も自分自身が誠であること、真実であることを何より大事にしてきました。自分自身の考えや感覚を常に「正しく、善く、美しく」するべく努力していかなくてはいけません。その努力に終着点はありませんし、まだまだ自分自身でそのようなことができているとは思えませんが、いつもその自覚と緊張感を持って仕事をしていきたいものです。

 自分の仕事に嘘をついていないか、自分の仕事でいい加減なことをしていないか、自分で自分の仕事を穢していないか、たえず真摯に仕事に向き合って、高めていく。そういう自覚と緊張感こそが、仕事に対する誇りに結びついていくのではないかと感じています。

引用終了

感想

当たり前のことをやることは、たやすいのですが
当たり前のことをずっとやり続けること、そしてその当たり前のレベルを少しずつ上げていくこと
はとても難しい。
自分自身が誠であること、真実であることを何より大事であることは、当たり前の部類に入るかもしれません。
それを継続することは難しい。
自分の仕事に嘘をついていないか、自分の仕事でいい加減なことをしていないか、自分で自分の仕事を穢(けが)していないか、たえず真摯に仕事に向き合うことも
一瞬ならできる人は多いと思いますが、人生の中でずっと継続して行える人は多くはないと感じています。
私自身、人生の先輩に恵まれ、毎日できることを少しずつ行っていますが、毎日100%の力を出し続けているかといえば、
その領域には到達していません。
私が人生の先輩にその姿を見せていただいた恩をできる限り送っていきたいと思っているのですが、なかなか満足するようなことができていません。
ただし、いつかはそうなれるように、日々積み重ねていくしかない。
そう思って毎日を過ごしていきたいと思います。
致知2018年1月.jpg

社員が育たないという前になぜ育っていないか本気で考えてみませんか?

迅技術経営の教育訓練実績はこちらへ

迅技術経営の管理職研修はこちらへ

2017年12月号 致知特集「遊」感想

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

石川県で理念経営を実践し、士業が組織として中小企業支援を行うことを目指す中小企業診断士西井克己です。

雑誌「致知」2017年12月号が届きました。特集「遊」を読みましたので感想を記載します。

今回の特集で、最も心に響いた特集は、画家の安野光雅さんと和久傳女将桑村綾さんの対談「仕事とは尊い遊び」の

桑村綾一さんの一節です。

致知の引用開始

 先日もあるご商売人がうちの物販商品の工房を見学された時、一見機械でできそうな作業を、すべて人の手でやっていることにいたく感心しておいででした。

 レンコン菓子を笹の葉でくるむ「西湖」という商品がございましてね。これをちまきのように巻くと中身がこわばるので、巻き方を工夫し、今のような形にしました。葉っぱにも大小ありますし、微妙な手加減が必要なんですね。これを多額のお金をかけて機械でやろうとしたらできないことはないかもしれません。しかし、私がそれをやりたいと思わないのは、地元の人を一人でも多く雇用したいと思うからなんです。

引用終了

感想

コンピューターにできるところは合理化する。

人材不足が深刻化している今日、コンピューターにできるところは合理化する流れが加速しています。

わが社も、会計ソフトや人事労務ソフトをクラウド化(Freee)することで、その効果の高さを感じています。

弊社でいうと、確実にパート社員1名分の工数は削減できている状況です。

会社にとってはとても有難い状況なのですが、地域にとってパート社員1名の雇用が減っていることになります。

地方に属する小規模企業にとっての社会貢献は地域の雇用。

地域が活性化しなくては、どれだけ自社がよくなったとしても最終的には衰退していく。

そのために、そこに根付いた企業それぞれが、意識して、できる限りの雇用を生み出す。

当たり前のことなのですが、地方の企業として大切なことを再認識しました。

また、地域の活性化のためには、若者の雇用が重要であり、

単純な作業ではなく、若い人たちがこれからこの仕事で頑張っていこうそう思える仕事を作り出していかなければならない。

そう強く感じました。

致知2017年12月号.jpg

社員が育たないという前になぜ育っていないか本気で考えてみませんか?

迅技術経営の教育訓練実績はこちらへ

迅技術経営の管理職研修はこちらへ

2017年7月号 致知特集「師と弟子」感想

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

石川県で理念経営を実践し、士業が組織として中小企業支援を行うことを目指す中小企業診断士西井克己です。

雑誌「致知」2017年7月号が届きました。特集「師と弟子」を読みましたので感想を記載します。

今回の特集で、最も心に響いた特集は、エーデルワイス会長の比屋根毅さんとムッシュマキノオーナーシェフの牧野眞一さんの対談「我ら菓子づくりの道を極めん」の一節です。

致知の引用開始

1 苦言を呈する人を避けてはいけない

「やっぱり伸び悩むこは、素直さがないというのかな、苦言を呈する人を避ける子はなかなか成長できないだろうね。苦言を呈する人にしっかりと耳を傾けて、自分を見失わないようにすることが大切なのに、残念ながらそういう人を避けてしまうようだと行き詰ってしなうのは確かだと思いましね。」

2商品をつくるんじゃない、毎日店をつくることが我々の仕事や

「お店をつくるという視点で考えていったら、必然的にその店が必要とする商品が見えてきたわけです。ケーキ屋さんだからショートケーキがいる、シュークリームがいるという発想ではなくて、その店が必要としているからプリンを開発するんだと」

引用終了

感想

大企業や中小企業、企業の規模にとらわれず、経営者となると、苦言を呈していただける方が極端に少なくなります。

そのため、自分で自分を律することが大事なのですが、自分を律しているという思いが強すぎて、せっかく苦言を呈していただけたのに、「いや」と否定から入ることが多くなってしまう。

分かってはいるけど素直に聞けない。そんなことも少なくないと思います。

苦言を呈していただけた場合は、まず感謝の気持ちを持つこと、そしてそれを表すこと、さらにその苦言に従って行動を変化させること、この3つがとても大切である。と再認識しました。

また、我々も、商品開発の支援に入ることは少なくないのですが、どうしてもヒット商品をどのように作るのかという視点で考えてしまいます。

そうではなく、お店がどんな商品を必要としているのか、それに足りないものは現在の店ではどんなものなのか、その視点で考える発想はとても参考になりました。

1つの商品ではなく、店で考える。部分最適化ではなく全体最適を考える。とても大事に感じました。

2017年7月号 致知特集「師と弟子」感想.jpg

弊社の補助金・助成金の専用ページ

ができましたご興味のある方は是非ご覧ください。

http://subvention.jp/

また、弊社の士業育成に関する思いをまとめた

弊社のリクルート用知的資産経営報告書はこちらです。

JNET21に当社の士業育成の取り組みを取材いただいた記事は

こちらです。

よろしければ中小企業診断士西井克己が代表を務める 株式会社迅技術経営のホームページもご覧下さい

中小企業診断士事務所の迅技術経営

迅技術経営のファイスブックページができました。 いいねお願いします。

迅技術経営のフェイスブックページへ