2020年1月号致知特集「自律自助」

石川県で理念経営を実践し、恩送りができる士業を育成することを目指す中小企業診断士西井克己です。

雑誌「致知」2020年1月号が届きました。特集「自律自助」を読みましたので感想を記載します。

今回の特集で、最も心に響いた特集は、外交評論家加瀬英明さんとJFEホールディングス名誉顧問數土文夫さんの対談「日本よ自立国家たれ」の數土文夫さんの言葉からです。

致知の引用開始

 若い人には、ぜひとも志を持って生きてほしいと思います。

 志とは何かと言ったら、自分が一人前になったら、そうした自分をもって少しでも社会のお役に立とうとすることです。努力もせずに誰かの世話になろうとか、自分の義務も果たさずに権利を主張するとか、そんな志のない人生ほど寂しいものはありません。

 志というのは失敗するものです。失敗するから志ともいえる。ただ志と言うのは一度失敗しても作戦を練り直して、また新たな志を持つことができるわけです。困難に遭っても、自分の進むべき道をしっかり見据えて、自律自助の人生を歩んでいただきたいと願っています。

引用終了

感想

 人生の目的である志、志がなくても普通に人生を過ごすことができるでしょう。

 しかし、志がある人生とない人生と比較すると私は志がある人生の方がより豊かに人生を過ごすことができると思っています。どんな困難に遭っても志を持ち続けて自分の人生を歩んでいきたい。そう思いました。

〇弊社が実施する社員教育にどう生かせるか?

 社員教育の中では、何のために仕事をしているのか? 

 生活するためであることはもちろんであるがそれだけでは職業人生の終焉を迎えた時に、充実した職業人生であったと振り返ることができるか?

 何か本気でやってきたこと、志でもいいし信念という表現方法でもいい。何か自分の中で一本筋を通じた職業人生を歩むことの必要性を伝えていきたいと思います。

2020年1月号致知.jpg

次世代のリーダーを育成するために、月1-2回就業前の1時間を教育に使ってみませんか?

弊社は、教育訓練とセットで必ず助成金を提案しています。

そして入金された助成金は、その教育訓練の修了者のための教育基金とすることも提案しています。

迅技術経営の教育訓練実績はこちらへ

迅技術経営の管理職研修はこちらへ