ファスナーテープ(マジックテープ)でタイルカーペットの表面にくっつける

自己努力と相手を慮ること双方を満足する士業を育成する仕組みを作り後世に残すことを目指す中小企業診断士西井克己です。

久しぶりにオフィスの改善をしました。

皆様、タイルカーペットの表面に何かを固定したいということはありませんか?

弊社事務所でそんな課題があり、今回ファスナーテープ(マジックテープ)のA面(オス、フック面)を用いて、固定化してみました。

今回の改善テーマは、弊社は週に一度、雑誌や段ボールをまとめて捨てており、そのストック場所の改善です。

これまでは一か所に雑誌も段ボールもまとめており、特に雑誌は、立てかけることができず、カーペットの上にそのまま置いている状態でした。

カーペット上に段ボールと雑誌を分ける間仕切りがあれば問題が解決する。しかしカーペットの上においても固定化していないので突っ張り棒でもない限り固定化できない。

という課題に直面しました。

そこで、カーペット上に固定化できるものを検討し、結果としてファスナーテープ(マジックテープ)のA面(オス、フック面)で固定化することになりました。

今回使った材料はこちらです。

硬質塩ビ板(1㎜) L型板金取付板(DIYショップで)

と強力マグネットテープとブックエンドとファスナーテープ(100円ショップ)

を用いました。

DSCN6368.jpg

このブックエンドの裏にファスナーテープのA面を貼り付け、奥はマグネットで固定化しました。

DSCN6370.jpg

上の方は、L型板金取付板の裏に強力マグネットを張り付けました。

DSCN6369.jpg

塩ビ板と上下のL型板(ブックエンドも)は、両面テープで貼り付けました。

結果としてこのような形になりました。

読み終わった雑誌も、横になることなく立てかけて収納することができました。

DSCN6371.jpg

オフィスの改善なんてやらなくても自分は大丈夫と思いがちです。

工場はどんどん投資をして変わっているのに、オフィスは10年前とほとんど変わらない。

そんな会社は少なくありません。

オフィスの改善はすなわち直間比率の改善にもつながります。

ちょっとしたことでも少しずつ改善しているオフィスとそうでないオフィスは10年間で大きく差がつくのではないでしょうか?

ぜひ、オフィスでも改善をしていきませんか?

改善を含めた迅技術経営の管理職研修はこちらへ