2018年5月号 致知特集「利他に生きる」感想

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

石川県で理念経営を実践し、恩送りができる士業を育成することを目指す中小企業診断士西井克己です。

雑誌「致知」2018年5月号が届きました。特集「利他に生きる」を読みましたので感想を記載します。

今回の特集で、最も心に響いた特集は、京セラ名誉会長のインタビュー記事「利他の心こそ繁栄の道」からです。

致知の引用開始

 中小企業の経営者というのは、だいたい利発でリーダーシップがあって、「自分が偉くなってお金持ちになりたい」という動機で会社をつくっている人が多いんです。

 私はそういう方々に、「皆さんが本当に幸せに豊かに生きていきたいと思うなら、まず従業員さんを幸せにしていかなければなりません」。つまり、「他の人をよくしてあげようという心がなければ、自分自身も決して幸せに豊かにはなっていきません」と、利他の心というものを訴えていきました。

引用終了

感想

お金は大切ですが、起業する(経営者となる)目的ではない。
お金はあくまで手段であって、目的にはなりえない。
経営者として10年以上実績のある方の大半は、お金は目的ではなく手段であることに気づく経験をなさっていると思います。
何をなすために経営者という人生の選択をしたのか、そのなすための手段としてのお金がある。
従業員を豊かにするために、お金や会社をどう使っていくのか、その延長線上に自分の人生のなすべきことがある。
小規模零細企業の経営者1人1人の力はとても小さいですが、1人1人がやるべきことをやっていれば、とても大きな力になる。
そのために、今の自分の役目を果たしていきたいそう思いました。
致知2018年5月号.jpg

社員が育たないという前になぜ育っていないか本気で考えてみませんか?

迅技術経営の教育訓練実績はこちらへ 

迅技術経営の管理職研修はこちらへ