マンダラ手帳(2018年の手帳)

石川県で理念経営を実践し、士業が組織として中小企業支援を行うことを目指す中小企業診断士西井克己です。

今年から私の手帳はマンダラ手帳を使っています。

これまで、いろいろと手帳を試してきましたが、結構しっくりと来たので、

来年のマンダラ手帳を購入しました。

この発売元であるクローバー経営研究所の「マンダラチャート」は、

3年前から自分やお客様のアイデアのアウトプットや整理に活用していました。

171125_0734~01.jpg

今年は、自分の手帳としてマンダラ手帳を活用しているのですが、良かったことをいくつか挙げてみたいと思います。

〇2017年のビジネスの目標と個人目標を詳細に記載するようになった。

マンダラ手帳には、私の人生(役割)計画と私のビジネス計画を記入します。

これまで、○○をするという目標を記載していたのですが、その詳細(行動計画等)を記載するようになりました。

〇長期の目標を考えるようになった。

これも手帳に人生百年計画を記入するところがあります。

これまでは、人生で達成したいことを目標としていましたが、

年代毎の計画を記入することで、具体的にイメージができるようになりました。

〇毎週振り返りをするようになった

計画を立案しても検証しなくてはいけません。

毎週月曜日の朝に計画ができているかできていないか検証するようになりました。

この手帳によって自分の行動を変えることができたので、今後も活用していきたいと思います。

よろしければ中小企業診断士西井克己が代表を務める 株式会社迅技術経営のホームページもご覧下さい

中小企業診断士事務所の迅技術経営

迅技術経営のファイスブックページができました。 いいねお願いします。

迅技術経営のフェイスブックページへ