裁断機(MAITZ mc300)と文具テンプレートの置き場所改善

石川県で理念経営を実践し、士業が組織として中小企業支援を行うことを目指す中小企業診断士西井克己です。

裁断機と文具テンプレートの置き場所に悩んでいる方へを対象とした記事です。

裁断機はとっても便利で、、弊社も雑誌などのデジタルデータ化に重宝しています。

文具テンプレートもとても便利で今ではなくてはならないものになっています。

双方とも便利な反面、置き場所のために机を占領している。便利だけど机を占領するほどのものではないかも?

そんな風に思っていらっしゃる方は私だけではないのでしょうか?

裁断機で、机を占領しないために、W450×D450のキャスター付きワゴンを自作し、結構うまくいったことは

以前のブログで紹介させていただきました。

http://g-keiei.com/blognishii/2017/05/post-176.html

今回は、その改善にさらに一工夫してみました。

具体的には、裁断機は常に使わないので、裁断機の天面に共通文房具のテンプレートを置く改善を行いました。

実際の画像がこちらです。

裁断機 文具テンプレート.jpg

裁断機を使うときは文具テンプレートを移動して利用しています。

文具テンプレートの使用頻度は、1日に一回以上

一方で、裁断機の使用頻度は、1日に一回以下で、1週間に1回、1か月に数回の頻度です。

このため、裁断機の天面を使用頻度の多い文具テンプレートを置くことにしました。

文具テンプレートの置き場所(机を占領していた)にも困っていたので一石二鳥でした。

文具テンプレートは、サイズに合わせて作成することはとても容易です。

100円ショップで材料も手に入ります。個人的には、自作整頓のエントリー項目と思っています。

使ってみて1か月経過しましたが、思った以上に便利です。

皆様も宜しければ自作してみてください。

きっと満足されますよ。

弊社のそのほかの改善事例はこちら

http://g-keiei.com/blognishii/cat6/