場所にあわせた自作裁断機置き場を作りました(キャスター付きのDIY棚 W450㎜×D450㎜)

石川県で理念経営を実践し、士業が組織として中小企業支援を行うことを目指す中小企業診断士西井克己です。

世間はGWです。

毎年ゴールデンウィークは、たまっている仕事をリセットすること、中長期の構想を練ること、

普段やりたいと思っていてもなかなかできないことに充てています。

今年は、普段やりたいと思っていてもなかなかできないことをやってみました。

弊社の机のレイアウトは、1列4席の2列、いわゆる島タイプです。

8席中7席が埋まっており、残り1席も実際は、

雑誌の裁断機(弊社では読み終わった雑誌はデジタルデータ化しています)

と文具が置いてあるテンプレートがおかれており、もう1名入社いただいても

席がない状態でした。

あまりよくないと思っていたのですが、昨年裁断機を購入したのちこの状態が続いていました。

170504_1603~01.jpg

そこで今回裁断機と文具テンプレートを収納する家具を作りました。

ただし、収納する場所の関係上面積は450㎜×450㎜

高さは裁断機の関係上700㎜前後にしなければならず、

既製品でそのような収納各具はなく、自作することとなりました。

いつもの通り、DIYショップに行き材料を購入してきました。

購入したものは、450㎜角厚さ24㎜のベニヤ板3枚

柱となる金具、写真にはありませんが、ナイロンのキャスターも5つ購入しました。

170504_1346~01.jpg

購入後、ベニヤ板をサンドペーパーに掛けました(この作業は屋外で)。

170504_1349~01.jpg

その後事務所にて、全体の位置決めを行いました。

(位置決めの後、鉛筆で印をつけておきました)

170504_1415~01.jpg

鉛筆の印に従って木ねじで組立を行いました。

170504_1509~01.jpg

その後、ナイロンのキャスターを取り付けました。

角4つと真ん中に取り付けました。

170504_1657~01.jpg

完成後、裁断機等をのせてみるとこんな感じになりました。

ピッタリ感があってとてもいい感じです。

170504_1604~01.jpg

最後は、予定通り、通路を確保できているか確認したところ、ぎりぎりでした。

DSCN3869.jpg

定位置に・・・・何かしっくりこないのでもう一度考えると

裁断機はあまり使用頻度がないのですが、

文具テンプレートは使用頻度が高い。

文具テンプレートは使いやすい場所におかれていない。

DSCN3870.jpg

最後は、こんな形になりました。

使用頻度を考え、裁断機のテーブルに文具テンプレートを置き、

裁断機を使用する際に下の棚に文具テンプレートを収納する。

スチール棚の扉を開けるときは(これも発生頻度は少ない)

キャスターで移動して開ける。

DSCN3873.jpg

これで、GW明けから使ってみたいと思います。

この場合、棚板を変えれば、いろいろな大きさや材質の棚ができそうです。

改善は、やると本当に楽しいですね。

2017年5月5日追記

結局文具テンプレートもサイズに合わせて作り直しました。

DSCN3875.JPG

                                                 

弊社のリクルート用ページができましたご興味のある方は是非ご覧ください。

http://www.hyt.co.jp