プロの仕事とは?

石川県で理念経営を実践し、士業が組織として中小企業支援を行うことを目指す中小企業診断士西井克己です。

最近「プロの仕事って何?」という議論をしてみました。

この答えは、人によって異なるので、まさしく正解がないものと思います。

そんな答えのないものだからこそ、この議論を機会に自分の考え方をまとめてみました。 

                                                                       

現在の私の考えでは

プロの仕事の定義は、「相手が感謝する仕事」です。

中小企業診断士という仕事に携わるまでは、「自分が納得いくまでやった仕事」という定義だったような気がします。

その当時を振り返ると、プロの仕事の定義をすると表現方法は変われど、主語は「自分」であったと思います。

その思いの根底は、これだけやったからいい仕事と認めてほしいという思いが強かったと思います。

                                                                                    

今は、そうではなく、表現方法は変われど、主語は「相手」の様に感じております。

この定義になると、プロの仕事は、相手によってその水準が異なります。

すなわち、ある方に対してはプロの仕事であったものが、違う方に対してはプロの仕事ではなくなる。

現実、今私が直面している課題にも通ずるものがあります。

                                                                                 

中小企業診断士は、答えのない仕事であるからこそ、今はそう感じているのかもしれません。

また、お客様と直接対応しない間接部門の方においても、相手を上司や経営者に置き換えると

自分としては納得できる定義になっています。

数年経過すると、また、私自身のプロの仕事の定義が変わっているかもしれませんが、

今現在の私の思いを記録しておきたいと思います。

                                                                                                                                         

弊社のリクルート用ページができましたご興味のある方は是非ご覧ください。

http://www.hyt.co.jp