デジタルカメラで接写をするときには一工夫をしています。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

おはようございます。

石川県で理念経営を実践し、士業が組織として中小企業支援を行うことを目指す中小企業診断士西井克己です。


当社では、NikonのCOOLPIXP500をデジタルカメラとして使っています。

いわゆるコンパクトデジタルカメラなのですが、パノラマ撮影や36倍ズームが可能など、いろいろな場面で重宝しています。

唯一このデジカメで不満なのが接写ができないことです。

当社は、このデジカメ+ルーペで接写を行っております。

こんなルーペです(虫眼鏡)

DSCN1695.jpg

このルーペを使うと

デジカメではこのような違いになります。

(左デジカメの限界接写 右ルーペ使用)

DSCN1688.jpgDSCN1691.jpg

正直大分違います。

当社はこの方法で、商品の撮影等も行っております。

具体例としては、蒔絵の王冠のWEBサイト(http://www.s-crown.info/)を参照いただけると幸いです。

デジカメをちょっとだけ工夫することで、もっと楽しい写真がを撮ることができます。

当社の行っているほんのちょっとだけの工夫をお伝えしました。

皆様の参考になればと思います。

当社では毎週土曜日に経営相談を行っております。

会社の経営のことはもちろん、個人的なこと(独立したいなど)も時間の許す限り対応しています。

(予約は、こちらTEL076-268-5258 mail support@g-keiei.com)

 

よろしければ中小企業診断士西井克己が代表を務める 株式会社迅技術経営のホームページもご覧下さい

中小企業診断士事務所の迅技術経営

迅技術経営のファイスブックページができました。 いいねお願いします。

迅技術経営のフェイスブックページへ

弁理士・行政書士・中小企業診断士が 知的資産経営を支援する もちや事業部はこちら

知的資産経営を支援するもちや事業部