身近な事例でなぜなぜ分析の演習をしよう。

おはようございます、理念経営を実践し、士業が組織として中小企業支援を行うことを目指す中小企業診断士西井克己です。

今日は、なぜなぜ分析についてお知らせします。

なぜなぜ分析は、勘と経験に頼らない分析方法の1つとして知られています。

製造現場の不具合分析のときに私もよく使っています。

なぜなぜ分析のやり方にはいくつかコツがあるのですが、一番の成長の秘訣は、

普段ミスしたことをなぜそのミスをしたかなぜなぜ分析することです。

 

身近な例を1つ上げると

Aさんは、醤油ではなく誤ってソースを調味料ボックスから取出した。

このような事象をなぜなぜ分析してみるとどのようになるか?

なぜ①

Aさんは、醤油と思ってソースを調味料ボックスから取り出した。

なぜ②

Aさんは、醤油とソースを見間違えた。

なぜ③

となぜ?なぜ?を再発防止策にたどり着くまで行います。

 なぜなぜ分析 醤油 ソース .png

ポイント

まず、事象を絞ることです。なぜなぜ分析を正確に行うときは、事象を1つにしぼり、主語1つ述語1つでまとめることが大切です。

その次は、なぜ①の次に来るなぜ②が適切かどうか確認することです。

この確認の方法は、なぜを逆から読み返して(なぜ②だからなぜ①である)整合性が取れているかどうか?です。

この事例ですと

Aさんは、醤油とソースを見間違えたから、醤油と思ってソースを調味料ボックスから取り出した。

となります。

違和感がなければ、大丈夫です。違和感があればおそらくなぜ①となぜ②の間にもう1つなぜが入る

と思っていただければと思います。

 

最初は、とっつきにくい感じですが、慣れてくると問題をもれなく出す方法として

重宝します。

皆様も「なぜなぜ分析」始めてみませんか?

迅技術経営になぜなぜ分析セミナーのページを設けました。

ご興味のある方はよろしくお願いします。

 

なぜなぜ分析の小冊子を作りました。

西井がブログに掲載した事例や実際に使っているフォーマットなどが詰まった
19ページの小冊子です。

250円/冊(税抜き) 送料は100円で販売もしております。

ご興味のある方は迅技術経営のメールフォームから

お問合せください。

http://g-keiei.com/script/mailform/hayate/

160213_0902~01.jpg

当社では毎週土曜日に経営相談を行っております。

会社の経営のことはもちろん、個人的なこと(独立したいなど)も時間の許す限り対応しています。

(予約は、こちらTEL076-268-5258 mail support@g-keiei.com)

 

よろしければ中小企業診断士西井克己が代表を務める 株式会社迅技術経営のホームページもご覧下さい

中小企業診断士事務所の迅技術経営

迅技術経営のファイスブックページができました。 いいねお願いします。

迅技術経営のフェイスブックページへ

弁理士・行政書士・中小企業診断士が 知的資産経営を支援する もちや事業部はこちら

知的資産経営を支援するもちや事業部