2019年3月号致知特集「志ある者、事竟に成る」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

石川県で理念経営を実践し、恩送りができる士業を育成することを目指す中小企業診断士西井克己です。

雑誌「致知」2019年3月号が届きました。特集「志ある者、事竟に成る」を読みましたので感想を記載します。

今回の特集で、最も心に響いた特集は、四季社長の吉田智誉樹さんと早稲田大学名誉教授の池田雅之さんの対談「人々に生きる喜びと感動を」の吉田智誉樹さんの言葉からです。

致知の引用開始

 吉田「その時に「おまえは人間としての浅利慶太を恐れすぎている」と言われたのです。」

 池田「どういう意味でおっしゃったのでしょう。」

 吉田「おまえたちから見て、僕は怖い存在かもしれないが、それは組織の機能の1つなんだと言うんです。自分は劇団の代表として、おまえたちに求めることをそのまま冷徹に突きつけている。だから怖く見えるんだろう、ただよく考えてくれと。それは僕個人ではなく、組織がお前たちに求めていることなんだと言われて、ハッとしたんです。

 確かに自分は浅利を人として恐れていたのかもしれません、だから、何とかこの人にイエスと言ってもらおう、気に入ってもらおうと思いながら仕事をしていた。しかし本当に必要なことはそれではない。劇団四季という組織が求めていることを冷静に逆算し、それを信じて浅利にぶつかればいいんだと思い至りました。」

引用終了

感想

 優秀な経営者がいる会社では、経営者と従業員の意識の差がとてもある。

 そして、経営者は従業員に対して恐れられ、気が付けば周りにイエスマンしかいない。

 経営者の能力が時代にマッチしている限り、その会社の経営はうまくいっている。ただし経営者の年齢とともにその能力が時代についていけなくなる、その状態に陥る前に経営をバトンタッチしないと経営は急速にうまくいかなくなっていく。

 従業員はどうしても個人としての経営者をみがちですが、経営者はあくまで組織を運営するための機関である。そう考えられるとうまくいくこともあるのでは?

 そう感じました。

〇弊社が実施する社員教育にどう生かせるか?

 経営者と従業員のギャップはどの会社にでもあること。

 最近は、経営者側が従業員に歩み寄ることを言われていることが多いですが、

 本質は、双方の歩み寄り。

 その中で、従業員がわの視点として、経営者個人としてみるのではなく

 会社の意思決定機関である社長としてとらえる。

 そうすると今までと違った視点でものを見ることができる。

 こんな会社があれば、経営者個人の能力だけに依存することなく、会社が反映する可能性がある。

 この重要性を伝えていきたいと思います。

 2019年3月号致知.jpg

次世代のリーダーを育成するために、月1-2回就業前の1時間を教育に使ってみませんか?

教育訓練とセットで必ず助成金を提案し、得た助成金は、その教育訓練の修了者のための教育基金としてみませんか?

迅技術経営の教育訓練実績はこちらへ

迅技術経営の管理職研修はこちらへ

2019年2月朔日参り

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

中小企業診断士西井克己です。

2016年から始めた朔日参り。

今月も大野湊神社でお参りできました。

今日で38回目。

本日は朝お参りできなかったので昼にお参りしました。

今月も頑張ります。

201902大野湊.jpg

2019年2月号致知特集「気韻生動」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

石川県で理念経営を実践し、恩送りができる士業を育成することを目指す中小企業診断士西井克己です。

雑誌「致知」2019年2月号が届きました。特集「気韻生動」を読みましたので感想を記載します。

今回の特集で、最も心に響いた特集は、セブン&アイホールディングス名誉顧問鈴木敏文さんと大創産業会長の矢野博丈さんの対談「不可能を可能に帰る経営哲学」の矢野博丈さんの言葉からです。

致知の引用開始

 「二十世紀の経営者は効率と利益を中心にものを考えよったんです。それが正義でした。小売業もそれで伸びてきたわけです。

  ところが、21世紀は変わったんですね。自分さえ儲かればいいという考え方に共鳴できない。一所懸命とか優しさとか思いやりとか徳を主題に考える経営者じゃないと生き残れんようになっていると思います。」

引用終了

感想

 現在は、人手不足で、生産性の効率化が叫ばれています。

 人は集まらないから、機械化しよう。生産性の向上はとてもいいことで、時代の流れに合うように設備投資も大切なことだと思います。

 「リストラなしの年輪経営 塚越寛 光文社知恵の森文庫」にも記載されているように、「社員のやる気をアップさせる以上の効率化策、合理化策はない。

 一所懸命とか優しさとか思いやりとか徳に設備投資以上に注力して、さらに会社をよくしていくこんな視点はもっと大事である。そう感じました。

〇弊社が実施する社員教育にどう生かせるか?

 中小企業は、人、物、金、情報の経営資源がすべて不足している状況であることが多いです。

 その中で中小企業の経営者ができることは、一所懸命とか優しさとか思いやりとか徳を積むこと。

 会社の規模感は違えど、経営者は経営者。会社の規模が小さい分だけ直接社員に対して「一所懸命とか優しさとか思いやりとか」を伝えることができます。

 ただし、自分の生活や私欲を優先していてもやっぱり会社の規模が小さい分だけ社員に伝わってしまいます。

 社長をはじめとする経営者が、徳を積むことなくして、その企業の繁栄はない。

 この重要性を伝えていきたいと思います。

 2019年1月致知気韻生動.jpg

 

次世代のリーダーを育成するために、月1-2回就業前の1時間を教育に使ってみませんか?

教育訓練とセットで必ず助成金を提案し、得た助成金は、その教育訓練の修了者のための教育基金としてみませんか?

迅技術経営の教育訓練実績はこちらへ

迅技術経営の管理職研修はこちらへ

自己努力と相手を慮ること双方を満足する士業を育成する仕組みを作り後世に残すことを目指す中小企業診断士西井克己です。

こんな社長が会社をつぶす 野口誠一 日本実業出版社  を読みました。

この本は、人生の先輩であり、石川県に帰ってきてから素晴らしい経営者と思った方の1人から頂いた本で、何回も読み直している本です。

年初に献血に行った際に、気持ちを新たにするために読んでみました。

引用開始

 会社をつぶす社長は、知識と知恵のバランスが崩れている。というよりも知識で頭でっかちになっている、と表現したほうが当たっている。

 知識を吸収するのは、別段、難しいことではない、本や新聞を読む、セミナーなどに通う、あるいは人と雑談しても得ることはできる。

 だが、知恵のほうはそうはいかない。知恵とは、学んだことを実行した結果、培われていくものであったて、外から吸収することはできないのだ。言い換えれば、知恵とは、その人の''興味の対象''、''心のあり方''、''頭の使い方''なのである。


引用終了

経営者としてなにをしなければいけないのかその基本は、全く変わらず。古くは四書『論語』『大学』『中庸』『孟子』にも記載されていたり、江戸時代でも勤勉と倹約で知られる石田心学、最近では、松下幸之助さんや稲盛和夫さんの著書などでも結局は同じことが書かれています。すなわち経営の知識はそんなに変わりがない。

でもそれを実践して「知恵」にしなくては結局何も使えない。

失敗をすることは、誰しもがいやである。しかし失敗を恐れてばかりでは「知恵」は得られない。

最近の情報過多の状況で、知識ばかりが増えており、知識先行で、わかった気になって、本質的な「知恵」までたどり着かないことは少なくないのではないか?

自戒も含めて、知恵を1つ1つ得ていきたいと思いました。

201901献血.jpg

2019年初詣

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

中小企業診断士西井克己です。

前厄に入ってから始めた朔日参り。

今年も大野湊神社で初詣ができました。

今日で37回目。

厄があけたのでより充実した年にしていきたいです

今年も頑張ります。

2019大野湊神社.jpg

2018年12月の事務所の様子

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

石川県で理念経営を実践し、恩送りができる士業を育成することを目指す中小企業診断士西井克己です。

今日は事務所の様子をお知らせします。

四半期毎に行っていたのですが、気が付けば前の更新は2018年2月でした。

来年は四半期毎に更新したいと思います。

まず、事務所です。

201812迅技術経営.jpg

次に 事務所から見える石川県繊維会館の庭です。

201812石川県繊維会館.jpg

石川県繊維会館から見る石川県庁です。

201812石川県庁.jpg

の季節と比べられるように、リンクをつけました。2018年2月2017年12月2017年7月2017年4月2016年11月2016年8月2016年5月 2016年1月2015年10月2015年7月、2015年4月、2015年1月2014年12月2014年9月2014年5月2014年1月

2013年10月2013年6月2013年3月2012年12月2012年9月2012年5月2012年2月2011年11月2011年7月

2011年3月2010年11月2010年8月2010年5月2010年2月2009年11月2009年8月2009年4月2009年1月

そして今の事務所に移動した2008年12月

四半期毎の写真も、つなげてみるとやっぱり記録になります。

これからも続けていきたいと思います。

 

ちなみに旧事務所の様子はこちら2008年10月2008年7月2008年4月2008年1月2007年12月2007年11月

2007年8月2007年6月2007年3月2006年12月2006年10月

そして開業当時の事務所の様子

2006年10月

弊社のリクルート用ページができましたご興味のある方は是非ご覧ください。

http://www.hyt.co.jp

自己努力と相手を慮ること双方を満足する士業を育成する仕組みを作り後世に残すことを目指す中小企業診断士西井克己です。

リストラなしの年輪経営 塚越寛 光文社知恵の森文庫 を読みました。

この本は、いい会社とつくりましょう~たくましく そしてやさしく~の社是で有名な

伊那食品工業株式会社の代表取締役会長塚越寛の著書です。

人手不足になり、従業員満足度が重視されるようになるずっと前から、社員を始め会社に関わっている人たちの幸せを第一に考えた経営を行っている会社で、ブロックス社のDOIT!や日本で大切にしたい会社大賞の第8回中小企業庁長官賞を受賞した会社です。

年輪経営いろいろなことが書かれており、いくつもなるほどと思うことがありましたが、今回は生産性向上についての箇所を引用したいと思います

引用開始

 最近の経営者は、効率アップと言うと、すぐに何かの機械を買ったり、ITを導入することを考えます。確かに、機械化や省エネ、IT化に取り組むことは大切です。

 しかし、現場の工夫があってこそ、それらは活きてきます。まず、知恵を出すことが先決なのです。知恵は無限大です。私などは新しい何かを欲しがるだけの人間を見ると、ついつい「そんなもん、止めてしまえ」と言ってしまいます。

 機械や装置に頼ろうとしている限り、本当の効率化、合理化はできません。もっと根本的な対策に目を向ける必要があります。それは人間のやる気を向上させるということです。社員のやる気をアップさせる以上の効率化策、合理化策はありません。

 人間はやる気によって知恵を出し、体を動かせば、二倍、三倍の能力を発揮します。機械の稼働率を上げたり、新しい機械を入れたりするより、よほど効果的です。


引用終了

この本を読む前の12月13日に石川県の商工会・商工会議所さんの指導員向け研修で生産性向上について講師を務めました。

その際に、生産性向上は、お金を使うことも大事ですが、小規模零細企業はお金がない状況なので、まず、お金を使わない方法を指導員として考えましょう。

そのことを第一にお伝えしてきました。

この本を読んだときに、今まで中小企業診断士として感じていたことに少し自信を持つことができました。

ただし、この本にも書かれている通り、やることも大事なのですが「やり続けること」が大事なので小規模事業者さんに寄り添ったソフト面での支援を常に心がけたいし、それを実践しなければと再認識しました。

年輪経営.jpg

経営の失敗学 菅野寛(日経ビジネス人文庫)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

自己努力と相手を慮ること双方を満足する士業を育成する仕組みを作り後世に残すことを目指す中小企業診断士西井克己です。

経営の失敗学 菅野寛(日経ビジネス人文庫) を読みました。

この本は、成功する要因を分析するのではなく、なぜ失敗したのかということを掘り下げて考えている本で、読んでみていくつもなるほどと思うところがありました。

例えば、

他社や過去の自社と同じことをやっていると同質化競争に陥って失敗する

一方で他社や過去の自社と違うことをやれば不慣れなことに手を出して失敗する確率が高くなる

なので失敗する確率を下げるために明らかな地雷を地道に避けたりするが、

あまり地雷の排除を行うと戦略の角が取れて、同質化競争に陥る。

そのような論調で、失敗する事について述べられています。

この本で最もなるほどと思ったところを引用いたします

引用開始

 地雷の排除作業は、天才のひらめきや思いつきによる作業ではなく、地道なローラー作戦です。詳細は第Ⅱ部で説明しますが、論理的に、緻密に、地道に考えて調査・分析すれば、多くの地雷は発見し排除することができます。地雷の大半は、当たり前の基本的なことができていないといった類のものです。たとえば、現状の戦略や施策について「お客様のニーズと乖離していないか」「市場は十分な大きさか」と、基本的な事柄を常に問い直し、修正していくだけでも、かなりの部分、地雷は回避できるのです。

 負けない戦略は、才能やひらめきではなく、地道な努力で作ることができます。天才の才能やひらめきに頼る戦略はうまく当たったときは、「かっこいい」のですが、そもそも属人的は技量に頼っているので、再現性や持続性に乏しいのです。


引用終了

中小企業は、経営者の才覚によって大きく業績が変わります。その方は天才であることは少ないですが、それでもその才能やひらめきに頼って戦略が当たると大企業ではありえない成長をします。

しかし、優秀ではない経営者になるとその業績は悪くなります。

中小企業は、ある程度の規模感のある会社のように常に失敗を恐れた経営はできないのかもしれません。

しかし、大きく伸びたあとにそれ以上に下がらないように、大きく伸びた後にこそこの失敗しない地道な努力をすることも大切なのではと思いました。

ドラッカーの5つの問いではありませんが基本的な問いを繰り返すことも大事である。そう再認識いたしました

経営の失敗学.jpg

よろしければ中小企業診断士西井克己が代表を務める 株式会社迅技術経営のホームページもご覧下さい

中小企業診断士事務所の迅技術経営

迅技術経営のファイスブックページができました。 いいねお願いします。

迅技術経営のフェイスブックページへ

弁理士・行政書士・中小企業診断士が 知的資産経営を支援する もちや事業部はこちら

知的資産経営を支援するもちや事業部

2019年1月号致知特集「国家百年の計」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

石川県で理念経営を実践し、恩送りができる士業を育成することを目指す中小企業診断士西井克己です。

雑誌「致知」2019年1月号が届きました。特集「国家百年の計」を読みましたので感想を記載します。

今回の特集で、最も心に響いた特集は、京都大学教授/内閣官房参与の藤井聡さんと国土技術センター国土政策研究所長の大石久和さんの対談「日本の未来は国土強靭化にあり」の大石久和さんの言葉からです。

致知の引用開始

 「百年先の日本が明るいとはとても言えない状況ですが、私にも子供と孫がいますし、これから生まれてくる日本人もたくさんいるわけです。その未来の人々に対して、いまを生きる私たちは責任を果たしていかなければならないはずなのに、現実には日本をどんどん食い潰していっていると。

  人口減少や高齢化もどんどん進んで、ただでさえ日本は世界の国々と比べて非常に不利な条件にあるわけですから、各国を上回る力で将来ビジョンを描かなくてはなりません。しかし、相変わらず目の前の財政をどうするのかといった議論に終始している。」

 

引用終了

感想

 苦しい状態に追い込まれれば追い込まれるほど、本当は長期的な視点や大局観で物事を捉え、追い込まれた中でも長期的な課題に向かって行動していかなくてはいけない。

 そうでないと、いつまでたっても大きな課題は残ったままである。

 しかし、追い込まれれば追い込まれるほど、目の前の課題だけに終始してしまっている。結果として、大きな課題は10年たっても何も解決していない。

 中小企業ではよくあることなのですが、こんな当たり前のことが国家単位でもできていないという指摘がある。

 国家としてもそのような状況であると仮定してとしても、会社経営者1人1人がやるべき長期的課題に取り組み、自分のできる範囲で長期的課題を解決する。

 それが、ひいては国家全体の動きにつながると感じました。

 

〇弊社が実施する社員教育にどう生かせるか?

 中小企業は、目の前の仕事で手一杯で、長期的な課題特に社員育成に取り組んでいる企業の割合は多くはありません。

 経営者も会社を支える幹部やリーダー格の方は忙しくない方はいらっしゃらないのですが、それでも目の前の課題に終始することなく、長期的な視点で会社の課題を捉えることが重要である。

 日本の状態を例に出しながら、この課題に取り組む重要性を伝えていきたいと思います。

 致知2019年1月号.jpg

 

次世代のリーダーを育成するために、月1-2回就業前の1時間を教育に使ってみませんか?

教育訓練とセットで必ず助成金を提案し、得た助成金は、その教育訓練の修了者のための教育基金としてみませんか?

迅技術経営の教育訓練実績はこちらへ

迅技術経営の管理職研修はこちらへ

2018年12月朔日参り

中小企業診断士西井克己です。

一昨年から、前厄に入ったこともあり朔日参りを行っています。

今月も大野湊神社でお参りできました。

今日で36回目。

12月に入り、有難いことに24日までスケジュールが埋まっており

例年より充実しそうな感じです。

今月も頑張ります。

201812大野湊神社.jpg