経営の失敗学 菅野寛(日経ビジネス人文庫)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

自己努力と相手を慮ること双方を満足する士業を育成する仕組みを作り後世に残すことを目指す中小企業診断士西井克己です。

経営の失敗学 菅野寛(日経ビジネス人文庫) を読みました。

この本は、成功する要因を分析するのではなく、なぜ失敗したのかということを掘り下げて考えている本で、読んでみていくつもなるほどと思うところがありました。

例えば、

他社や過去の自社と同じことをやっていると同質化競争に陥って失敗する

一方で他社や過去の自社と違うことをやれば不慣れなことに手を出して失敗する確率が高くなる

なので失敗する確率を下げるために明らかな地雷を地道に避けたりするが、

あまり地雷の排除を行うと戦略の角が取れて、同質化競争に陥る。

そのような論調で、失敗する事について述べられています。

この本で最もなるほどと思ったところを引用いたします

引用開始

 地雷の排除作業は、天才のひらめきや思いつきによる作業ではなく、地道なローラー作戦です。詳細は第Ⅱ部で説明しますが、論理的に、緻密に、地道に考えて調査・分析すれば、多くの地雷は発見し排除することができます。地雷の大半は、当たり前の基本的なことができていないといった類のものです。たとえば、現状の戦略や施策について「お客様のニーズと乖離していないか」「市場は十分な大きさか」と、基本的な事柄を常に問い直し、修正していくだけでも、かなりの部分、地雷は回避できるのです。

 負けない戦略は、才能やひらめきではなく、地道な努力で作ることができます。天才の才能やひらめきに頼る戦略はうまく当たったときは、「かっこいい」のですが、そもそも属人的は技量に頼っているので、再現性や持続性に乏しいのです。


引用終了

中小企業は、経営者の才覚によって大きく業績が変わります。その方は天才であることは少ないですが、それでもその才能やひらめきに頼って戦略が当たると大企業ではありえない成長をします。

しかし、優秀ではない経営者になるとその業績は悪くなります。

中小企業は、ある程度の規模感のある会社のように常に失敗を恐れた経営はできないのかもしれません。

しかし、大きく伸びたあとにそれ以上に下がらないように、大きく伸びた後にこそこの失敗しない地道な努力をすることも大切なのではと思いました。

ドラッカーの5つの問いではありませんが基本的な問いを繰り返すことも大事である。相殺認識いたしました

経営の失敗学.jpg

よろしければ中小企業診断士西井克己が代表を務める 株式会社迅技術経営のホームページもご覧下さい

中小企業診断士事務所の迅技術経営

迅技術経営のファイスブックページができました。 いいねお願いします。

迅技術経営のフェイスブックページへ

弁理士・行政書士・中小企業診断士が 知的資産経営を支援する もちや事業部はこちら

知的資産経営を支援するもちや事業部

2019年1月号致知特集「国家百年の計」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

石川県で理念経営を実践し、恩送りができる士業を育成することを目指す中小企業診断士西井克己です。

雑誌「致知」2019年1月号が届きました。特集「国家百年の計」を読みましたので感想を記載します。

今回の特集で、最も心に響いた特集は、京都大学教授/内閣官房参与の藤井聡さんと国土技術センター国土政策研究所長の大石久和さんの対談「日本の未来は国土強靭化にあり」の大石久和さんの言葉からです。

致知の引用開始

 「百年先の日本が明るいとはとても言えない状況ですが、私にも子供と孫がいますし、これから生まれてくる日本人もたくさんいるわけです。その未来の人々に対して、いまを生きる私たちは責任を果たしていかなければならないはずなのに、現実には日本をどんどん食い潰していっていると。

  人口減少や高齢化もどんどん進んで、ただでさえ日本は世界の国々と比べて非常に不利な条件にあるわけですから、各国を上回る力で将来ビジョンを描かなくてはなりません。しかし、相変わらず目の前の財政をどうするのかといった議論に終始している。」

 

引用終了

感想

 苦しい状態に追い込まれれば追い込まれるほど、本当は長期的な視点や大局観で物事を捉え、追い込まれた中でも長期的な課題に向かって行動していかなくてはいけない。

 そうでないと、いつまでたっても大きな課題は残ったままである。

 しかし、追い込まれれば追い込まれるほど、目の前の課題だけに終始してしまっている。結果として、大きな課題は10年たっても何も解決していない。

 中小企業ではよくあることなのですが、こんな当たり前のことが国家単位でもできていないという指摘がある。

 国家としてもそのような状況であると仮定してとしても、会社経営者1人1人がやるべき長期的課題に取り組み、自分のできる範囲で長期的課題を解決する。

 それが、ひいては国家全体の動きにつながると感じました。

 

〇弊社が実施する社員教育にどう生かせるか?

 中小企業は、目の前の仕事で手一杯で、長期的な課題特に社員育成に取り組んでいる企業の割合は多くはありません。

 経営者も会社を支える幹部やリーダー格の方は忙しくない方はいらっしゃらないのですが、それでも目の前の課題に終始することなく、長期的な視点で会社の課題を捉えることが重要である。

 日本の状態を例に出しながら、この課題に取り組む重要性を伝えていきたいと思います。

 致知2019年1月号.jpg

 

次世代のリーダーを育成するために、月1-2回就業前の1時間を教育に使ってみませんか?

教育訓練とセットで必ず助成金を提案し、得た助成金は、その教育訓練の修了者のための教育基金としてみませんか?

迅技術経営の教育訓練実績はこちらへ

迅技術経営の管理職研修はこちらへ

2018年12月朔日参り

中小企業診断士西井克己です。

一昨年から、前厄に入ったこともあり朔日参りを行っています。

今月も大野湊神社でお参りできました。

今日で36回目。

12月に入り、有難いことに24日までスケジュールが埋まっており

例年より充実しそうな感じです。

今月も頑張ります。

201812大野湊神社.jpg

過去の記事をこのブログに引っ越ししました。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

自己努力と相手を慮ること双方を満足する士業を育成する仕組みを作り後世に残すことを目指す中小企業診断士西井克己です。

11月の三連休ということもあり、過去のブログ記事をこのブログに引っ越しをしてみました。

過去のブログはSEESAAブログで書いており、そのテキスト記事をこのブログに引っ越しました。

「北陸(石川県・富山県・福井県)で中小企業の資金調達を支援するブログ」

テキストだけしか引っ越しできませんでしたが、何とか引っ越しはできたようです。

ブログ自体は、中小企業診断士に登録された2006年2月から書いており、

2012年にそだてるの田邊祐介さんのご意見(メインドメインの直下にブログを設置)により、このブログがスタートしております。

過去の記事は、過去のアルバムを見るようでかなり恥ずかしいですが、その時の私の思いが記載されておりますのでそれはそれでいいものかと思っております。

不具合があればその都度修正したいと思います。

社員が育たないという前になぜ育っていないか本気で考えてみませんか?

迅技術経営の教育訓練実績はこちらへ

迅技術経営の管理職研修はこちらへ

2018年12月号致知特集「古典力入門」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

石川県で理念経営を実践し、恩送りができる士業を育成することを目指す中小企業診断士西井克己です。

雑誌「致知」2018年12月号が届きました。特集「古典力」を読みましたので感想を記載します。

今回の特集で、最も心に響いた特集は、JFEホールディングス特別顧問數土文夫さんと立命館アジア太平洋大学学長出口治明さんの対談「人生を導いてくれた古典の教え」の出口治明さんの言葉からです。

致知の引用開始

 「第一に、鏡に自分の姿を映し、元気で明るく楽しい顔をしているかどうか確認する。上司が暗い顔をしていたら、職場の空気が淀み、部下が伸び伸びと働くことができなくなってしまう。

  第二に将来を予測する教材は過去の出来事しかないので、歴史を学ぶ。歴史を学んでいかなければ、何か起こってしまったときに慌てふためいてしまう。

  第三に、部下の厳しい直言や諫言を受け入れる。また、自分の周囲にそういう人を配置しないと裸の王様になってしまう。この三鏡の考えはシンプルかつ永遠の真理だと思います。」

 

引用終了

感想

 3つの鏡(銅の鏡、歴史の鏡、人の鏡)は、人間の弱さを映す鏡である。鏡に映る自分の姿を見てまた修正していく。この繰り返しを行うことで、少しずつ改善していく。

 最初から完璧な人間はいない。でも本人がそれを望み、周りとともにそれを目指すことで、少しずつそれに近づいていく。

 そのことが大事である。

 1人の人間として、何を思って、何に向かって頑張り続けるのか?鏡を見ながら前に進んでいく必要があると感じました。

〇弊社が実施する社員教育にどう生かせるか?

 弊社が実施している社員教育は、現幹部というよりも次世代リーダーを対象にしたプログラムが多いです。

 年齢も比較的若く(45歳以下)、最初に、幹部とリーダーとの違いや指導と育成の違いなどの基本的な心構えや

 マネジメントゲームを通じた黒字企業になるためにはどんなことをしなければいけないかその感覚を身に着けることを基本プログラムとしています。

 人との関係性の中で、これまでもよく使っている言葉は、人の心は鏡のようなものである。

 自分が嫌だと思っていたら相手も嫌だと思う。自分が尊敬できると思っていれば相手も尊重してくれる。

 相手に変わってもらうのではなくまず自分から変わらないと相手との関係性をよくすることはできない。

 こんなことをお伝えしています。

 人の心は鏡のようなものの話をする時に、リーダーとしてのベースとしてこの3つの鏡(銅の鏡、歴史の鏡、人の鏡)の話も加えていきたいと思います。

 

2018年12月致知古典力入門.jpg

次世代のリーダーを育成するために、月1-2回就業前の1時間を教育に使ってみませんか?

教育訓練とセットで必ず助成金を提案し、得た助成金は、その教育訓練の修了者のための教育基金としてみませんか?

迅技術経営の教育訓練実績はこちらへ

迅技術経営の管理職研修はこちらへ

やなせたかし明日をひらく言葉 PHP研究所

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

自己努力と相手を慮ること双方を満足する士業を育成する仕組みを作り後世に残すことを目指す中小企業診断士西井克己です。

やなせたかし明日をひらく言葉 PHP研究所 PHP文庫 を読みました。

この本は、やなせたかしさんがなくなる1年前の2012年に出版されたもので、

PHPのスタッフが、やなせたかしさんの著書から編集して制作している本です。

アンパンマンの絵本を見たのは、子供のころに通っていた医院の待合室でした。

当時から人気のある絵本で、ボロボロになっていても読まれている本であったことを覚えています。

子供のころはそんなに深く考えなかったのですが、自分が士業として仕事をするようになり、自分の子供がアンパンマンのアニメを見るようになってから

アンパンマンのマーチを聞くと、その意味深さに感動したことを覚えています。

今回は、やなせたかしさんの著書ではなく、PHPのスタッフが著書を編集された制作物を読みました。

著者本人が書くよりも、編集するほうがより伝わりやすくなっていることがあるため、今回はこの本を選びました。

その本の108項にこう書いてあります。

アンパンマンは、自分の顔をちぎって人に食べさせる。

本人も傷つくんだけれど、それによって人を助ける。

そういう捨て身、献身の心なくしては正義は行えない。

とあります。

普段から、中小企業診断士は、奉仕者(サーバント)である必要があると思っていたのですがなかなか思いを共有しにくい表現方法であると悩んでいました。

アンパンマンのように献身の心で正義を貫くといったほうが聞く方がなんとなく共有言語化しそう。そんな感じがいたしました。

自分の考えを伝えるときに、みんながイメージしやすい言葉で伝える。このことは本当に大事であると頃に感じています。

今回、最も感銘を受けたフレーズを以下に示します。

引用開始

 人間が一番うれしいことはなんだろう?長い間、ぼくは考えてきた。そして結局、人が一番うれしいのは、人をよろこばせることだということがわかりました。実に単純なことです。ひとはひとをよろこばせることが一番うれしい。


引用終了

まさしく「言い得て妙」。

どんな仕事も、人の成長をみること、会社が生き残ること、会社が成長する事、いろいろと感動ポイントはありますが、その根底には、人をよろこばせることに感動することが多いと思います。

特に、我々士業は、自分が一番ではなく、人をよろこばせることを一番に考える人材であるべきで、自分が今まで考えていたことが表現されており、納得感がありました。

やなせたかしさんは、2013年に亡くなっておりますが、その精神は、アンパンマンという作品や著書ややなせさんと仕事をされた方を通じて後世に残っていく。

自分の生きた時代だけではなく、後世に貢献できる人材というのはすごいなと単純に思いました。

やなせたかし明日をひらく言葉.jpg

よろしければ中小企業診断士西井克己が代表を務める 株式会社迅技術経営のホームページもご覧下さい

中小企業診断士事務所の迅技術経営

迅技術経営のファイスブックページができました。 いいねお願いします。

迅技術経営のフェイスブックページへ

弁理士・行政書士・中小企業診断士が 知的資産経営を支援する もちや事業部はこちら

知的資産経営を支援するもちや事業部

 

2018年11月朔日参り

中小企業診断士西井克己です。

一昨年から、前厄に入ったこともあり朔日参りを行っています。

今月も大野湊神社でお参りできました。

今日で35回目。

11月にはいって、だいぶ寒くなってきました

体調を整えながら今月も頑張ります。

大野湊神社朔日.jpg

石川県で理念経営を実践し、恩送りができる士業を育成することを目指す中小企業診断士西井克己です。

2018年10月20日 ダイアログ・イン・ザ・ダーク ショーケース@金沢21世紀美術館に2人の娘とともに参加してきました。

ダイアログ・イン・ザ・ダークは、大阪の対話のある家で長女とともに参加しており、長女と私は2回目、二女は初参加となりました。

ダイアログ・イン・ザ・ダークの詳細については、Dialog in the Dark JapanのHPをご覧ください http://www.dialoginthedark.com/

ダイアログ・イン・ザ・ダークは、金沢発開催。

今回は、暗闇のエキスパートである視覚障がい者のアテンドにより、暗闇の中を探検し、金沢の伝統工芸品等に触れ合うを体験をするものでした。

今回はアテンドさんを含め10名のチームで1時間半体験いたしました。

(参加者の方は、金沢だけではなく、神奈川や長野からお越しの方もいらっしゃいました)

参加者の方がおっしゃったのですが、アテンドさんが暗闇の中でまさに灯台のような存在で我々を導いてくださいました。

私自身暗闇の中で感じたのは、普段はいかに視覚に頼った行動をしていること。

暗闇の中で、視覚を失うと何とか情報を得ようと、視覚以外の感覚とくに聴覚と触覚が研ぎ澄まされること
それにより、今までには感じなかった視覚以外の感覚の大切さと今までその感覚をおろそかにしていたことそして視覚以外の感覚でものを見ることで人間の創造性が豊かになることに気づかされます。
また、暗闇の中では、1人で行動すると特に不安になるので、コミュニケーションの大切さをかんじることができます。
コミュニケーションの本質が、キャッチボールであることに気づくことができます。
すなわち、自分がどのような状態にあるのかを発信し、相手が受け止めているか確認する事。相手がどういう状態か発信されたときには、自分は受け止められたのか発信する事。すごく単純なことが普段はできていないことに気づかされます。
なかなか、すぐに行動を変えることができませんが、この体験をきっかけに少しずつ行動を変えていきたいと思いました。
この体験に付き合ってくれた2人の娘にも感謝したいと思います。

ダイアログ・イン・ザ・ダーク ショーケース@金沢21世紀美術館ライト.jpg

ダイアログ・イン・ザ・ダーク ショーケース@金沢21世紀美術館.jpg

学びとは何か 今井むつみ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

自己努力と相手を慮ること双方を満足する士業を育成する仕組みを作り後世に残すことを目指す中小企業診断士西井克己です。

学びとは何か 今井むつみ著 岩波新書 を読みました。

本の帯に羽生善治氏推薦 学ぶことの大切さ、学ぶ方法を学ぶ大切さがわかる一冊です。

とあり、本を開くと、羽生善治さんが前文を書いていらっしゃる。

久しぶりに衝動買いをした本です。

ただ、読み進めるうちなるほどと思うことばかりでした。

引用開始

 探求人を育てるには自分が探求人になるしかない。これは親にも、教師にも、子供にも関わるすべての人--つまり社会に生きるすべての人間--に言えることである。本書をまさに脱稿しようとしていた日、日本のラグビーに奇跡をもたらしたと言われる監督エディ・ジョーンズさんのインタビュー記事を読んだ(二〇一六年二月三日付朝日新聞)。探求人を育てるための真髄が短い記事に凝縮されていた。

 エディさんは言っている。

 私たち人間は、楽な方に進みがちです。変化することは、いつだって難しいもの。だから、日々の生き方、考え方から変えていけたらと思っています。ほんの3~5%の小さな意識の変化。それが、大きな違いを生むのです。

 エディさんは、日本人は従順であるようにきょういくされている、とも言う。その日本人選手をエディさんが極限まで追い込んで変えようとしていたこと。それは選手が「自分で考える」意識をつくることだった。


引用終了

本書は記憶と知識そして生きた知識の違いを論理的に述べられている。

また、効率を求める危うさ(教えてもらうのが当たり前になる)ことも提唱している。

そして本質は、探求人を育てるためには、自分はもちろん、周りの人も探求人になる必要性を説いている。

私自身の探求心の源は大学院時代に形成されたと思っています。

探求心にあふれた人材に囲まれて2年間を過ごせたことが一番影響していると思っております。

なんとか、弊社でもそれを実現したいと思っていますが、まだまだである。

そう感じた一冊でした。

佐藤一斎言志録239条に示されている読書の法を勘案しながらこれからも読んでいきたいと思います。

佐藤一斎の言志録239

読書の法は、富に孟子の三言を師とすべし。曰く意を以て志を逆ふ。曰く尽くは書を信ぜず。曰く人を知り世を論ずと

学びとは何か 今井むつみ.jpg

 

よろしければ中小企業診断士西井克己が代表を務める 株式会社迅技術経営のホームページもご覧下さい

中小企業診断士事務所の迅技術経営

迅技術経営のファイスブックページができました。 いいねお願いします。

迅技術経営のフェイスブックページへ

弁理士・行政書士・中小企業診断士が 知的資産経営を支援する もちや事業部はこちら

知的資産経営を支援するもちや事業部

 

 

手仕事の日本 柳宗悦

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

自己努力と相手を慮ること双方を満足する士業を育成する仕組みを作り後世に残すことを目指す中小企業診断士西井克己です。

手仕事の日本 柳宗悦著 岩波文庫 を読みました。

この本は、昭和17年ごろに執筆され、昭和60年に文庫本になっている。

戦前の日本の手仕事を関東→東北→中部→北陸・・・と全国を回る形で話は進んでいる。

戦後、高度経済成長で失ってしまったであろうものがここに記載されています。個別の手仕事以外で特に感銘を受けたのが、以下のフレーズです。

引用開始

 なぜ機械仕事とともに手仕事が必要なのでありましょうか。機会に依らなければできない品物があると共に、機械では生まれないものが数々あるわけであります。凡てを機会に任せてしまうと、第一に国民的な特色あるものが乏しくなってきます。機械は世界のものを共通にしてしまう傾きがあります。それに残念なことに、機械はとにかく利得のために用いられているので、できる品物が粗末になりがちであります。それに人間が機械に使われてしまうためか、働く人からとにかく悦びを奪ってしまいます。


引用終了

とても、戦前に作られた言葉とは思えません。

今現在、日本だけではなく世界が人間が機械に使われてしまっているそんな気がしてなりません。

機械化が進みいわゆる安くていいものが手に入るようになっている。でも製造業に作る悦びはそれとは違うところでなくなりつつあるのではないかと思います。

生産性向上、働き方改革も大事なのですが、作る悦び、仕事の悦びこれも大事だと痛感しました。

手仕事の日本.jpg

よろしければ中小企業診断士西井克己が代表を務める 株式会社迅技術経営のホームページもご覧下さい

中小企業診断士事務所の迅技術経営

迅技術経営のファイスブックページができました。 いいねお願いします。

迅技術経営のフェイスブックページへ

弁理士・行政書士・中小企業診断士が 知的資産経営を支援する もちや事業部はこちら

知的資産経営を支援するもちや事業部